軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

解剖テスト後2009.10.28

脱力感。

プリントの赤字部分から出題される というルールは忘れられているような気がします(汗 しかも、引っ掛けもありだし。

「問題は基本定義のみで簡単な問題ばかり。  引っ掛けはなし。」 と言っておきながら、これじゃ騙しじゃねぇの?

できる範囲で見直してみます。

◆問題 ・筋の分類 ・起始と停止 ・口輪筋と顔面神経支配 (←赤字でない) ・表情の皮膚神経 → 三叉神経で良い? (ドボン問題)

・本幹と鎖骨を結ぶ筋肉? (プリントに載ってない?胸鎖乳突筋?) ・上腕三頭筋の長頭が出るところ。(解けたけど、プリントに載ってない。) ・前腕骨間膜につく筋 (普通に間違えた)

・側頭Mの種類と支配神経 ・腕とう骨筋の働き ・タバチェールの構成筋 (普通に間違えた)

腸腰筋(?)の起始 ・大腿四頭筋のうち、腸骨から起始する筋 ・スカルパ三角の構成筋(普通に間違えた) ・下肢の問題が何問か

・坐骨神経が出る神経叢(普通に間違えた) ・ニューロン ・中枢神経の種類 ・骨格筋の神経伝達物質 ・前根と後根の神経(ベル・マジャンディーの法則) ・灰白質と白質(ひっかけ) ・中心溝の前後の機能 ・前頭葉 ・聴覚野の場所 ・視覚野の場所 ・大脳基底核尾状核(ド忘れした・汗) ・視床視床下部? ・間脳にある視覚を中継する○○体(問題ミスでは?中脳であればわかるけど)

<考察> ◆基本的にあいまいな知識が多かった ヤマが外れた要因も大きかったですが、 それ以外の知識の定着率が弱かったです。

最後の詰めが甘かったです。

◆勉強の持続力 学校に入って2回テストを経験しましたが、 3日続けて勉強していると、知恵熱っぽく頭痛の症状が出ます。 基本的にそういう圧力に立ち向かう根性がないので、 詰めの甘さに結びつきます。

今回で3回目の期末テストなので、 そろそろ体が慣れてきたかな~と淡い期待を持ってましたが、 無理めだったようです。 頭弱すぎ(汗

やっぱり事前にコツコツやっている人は強いです。

僕はというと結局、勉強開始は2日前からでした(汗

前日に友達と勉強する約束をしてましたが、(しかもすっぽかされたw) 一週間前の勉強こそ、そういう誰かとやる時間を作るべきかもしれません。

コツコツやっている人に合流要請して、 勉強するモチベをもらいつつ、勤勉にやる姿勢を見習うべきですね。

◆体調管理 あとは、いつも気にしていることだけど、 日々の体調管理をしっかりすること。 体調管理というより、頭の疲労の管理ですね。

僕の場合の対策は、 ・余分なことにクビをつっこまないこと ・第一にやることを優先して、余計なことを考えすぎないこと ・日々の疲れを回復するために丸一日、頭を使わない日を設けること などが挙げられます。

自分の勉強に集中すること。

補講が2週連続であったのはきつかったな~。