軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

実習後教育2009.12.03

施設実習の実習後教育が行われました。 下記、OTの先生による指摘をまとめてみました。

<言葉に関する指摘> ◆第一人称 × 私は ○ 学生は or OTSは

◆口語は使わない × いまいち

◆丁寧語の多重 × ご利用者様 ○ 利用者 ○ 対象者 (主に福祉の分野) ○ 患者  (主に医療の分野)

◆使役動詞 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%BF%E5%BD%B9#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E8.AA.9E.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E4.BD.BF.E5.BD.B9

× させて頂いた → 受ける側は「されている」と思ってしまう可能性   高齢者が不快に思うかも。

○? Let`s ~ (~しましょう) → 相手も主体となる

疑問 × させて頂いた に対して ○ させた で良いのか?

× 参加され ○ 参加し

◆とか言葉 ~40代前半まで 「とか」言葉が多い。ぼかす。

◆ROM ROMはアールオーエムと読む

◆繋げたい I hope → 本人は?

◆車イスを自走 × 自操 ○ 自走

◆治療の言葉 あいまいな言葉は正す → 治療者の言葉と利用者が受け取る言葉の意識

◆副交感神経 × 副交感神経が有利 ○ 副交感神経が優位

◆ADL 可能か不可能かで表記

<専門的な指摘> ◆筋トーン Musle Tone 筋緊張

◆ヨガ ヨガは運動療法??

◆意欲を第三者が確認するには → 客観的な行動でしか確認できない

◆レポートの主旨 未来を書くべきなのに、過去のことを話してはいけない

◆HDS-R スクリーニングであり、重い、軽いを判断するものではない

◆生活≠ADL 生活は衣食住+経済基盤+余暇活動

<先生の全体的なまとめ> 1.日本語を正す 2.レポートの書き方  ・3人称表現  ・専門用語を正しく使う 3.実習前後教育の服装  ・他の学科:スーツ  ・OT科:動きの表現があるので、普段着

4.誤字脱字をなくすため、きちんと見直す 5.勉強をもっとする  ・わからなかったら、調べる  ・医学用語をもっと使う 6.みんな最低限の観察はできている

<自分なりのまとめ> ・まず言葉を気をつける(日本語を正しく使う) ・実習のレベルに合ったレポートを作成する ・誤った内容については厳しい

◆僕が指摘された箇所 ・HDS-Rの点数で、認知症が重度であると発言してしまった ・未来を書くべきなのに、過去のことを話してはいけない ・その他、言葉の問題

怒られるメリットとして、 「指摘された箇所は印象に残りやすい」という事。 ま~、程よく怒られようと思います。