軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

生理学2009.04.14

なかなか手強い授業でした。

◆先生 大学医学部の教授。 薬理学専攻。

本を出版してたり、エッセイを書いているようです。 (HP上では2002年までしか載っていない)

◆授業 大学教授の授業という感じ。

黒板の書き方は、ノートにまとめづらい形式。 ・思いついたら書く ・難しい用語は書く ・教科書を翻訳するように書いてくれる(?)  (翻訳はそれほどわかりやすくはない気がする。)

という感じなので、 黒板と先生の話をうまく両立させないと理解しづらい。 なので、ノートにはそのまま黒板を写すのではなく、 話をうまく組み込んで書き込む形が良いと思う。

話の流れを強調する意識はあるようなので、よく聞いておく。 (前後の関係など)

マンガ『ドラゴン桜』曰く、 「授業では流れをつかむ!」 とのことです。

ただし、話の中には自己満足的な薀蓄も含まれているので要注意!

◆小テストの傾向 授業の終了時に小テストが行われます。(成績に反映される)

普通の期末テスト並みのレベル。 穴埋めの記述式。

話の流れだけでなく、その場で暗記することも求められるので、 かなり難易度が高い!!!

出題としては、 教科書の重要単語(赤字、青字で書かれている)が出るようです。 (先生が気まぐれで言った医療の常識的なものは出題されない?)

○対策 次の授業の内容はわかっているので、 単語と模範解答(各ページは問いの形で始まっており、その解答)を 『書く』ことである程度、暗記しておく。 (30語くらい)

単語を暗記することは、その上のストーリーの理解に必須だし、 誰かと話すときにも重要です。

暗記系はルーチン的に効率良くこなせるようにしたいと思います。