軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

解剖学2009.04.15

解剖学の授業。 わかりやすい♪

◆先生

飲み物 OK 食べ物 OK 寝てても OK 内職 OK

おしゃべり NG 携帯 NG (着信音 -5点)

という感じで、ルールを明確にしメリハリをつける先生。

先生のちょっとした準備の時間に、休憩を入れてくれたり(おしゃべり自由) 無理なく集中力を持続するための工夫をしてくれます☆

食べ物OKなのも、あごの間接を動かすことによって 脳への血流が増すからっていう理由だそうです。 (あと、糖分を摂取するのは大事だから)

この学校で11年やっているそう。 先生としての意識が高くて、キッチリ授業をやってくれそうです♪ 普段は法医学をやっているらしい。

◆解剖学 建築で言うと、土台…ではなく、土台の下の土にあたる部分だそうです。

医学の基礎の基礎。 これがないと話ができないレベル。

臨床では覚えているだけでは使えないので、 イメージできるように絵を書けるようにする!とのこと。

○定義とは 混乱させないためにある。 ディスカッションの道具であり、正確に覚えるほど助かる。

とのことです。

◆授業 配布されるプリントを元に進めていきます。 著作権などの関係で配布できない図は黒板に書かれる。

トークが抜群☆ ユーモアを交えて話してくれるのが単純に面白いし、 身近な話題に置きかえてくれるのがすごくわかりやすい!

なによりストーリーがわかりやすい!

必要な知識と不必要な知識を明確にしてくれ、ノートも取りやすい! 絵が多いので、ゆとりを持ってノートに書くことが注意点かな。

かなり洗練された授業です♪

◆小テスト 時間の関係で、期ごとに2回だけ小テストをするそう。 白紙の答案用紙を渡され、絵を書いて回答する形式。

授業毎にコツコツと覚えることを推奨されました。