軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【解剖学2】テスト対策2009.05.29

金曜は19時に授業が終わるので、勉強会をしました。 来週やる小テスト内容を詳細に確認です。

メンバーは5人。

内容を確認しながら、 授業で聞いたエピソードなどを出したり、図を書いたり。 最後の方に、2年生が来て、色々と教えてくれました。 かなり楽しく勉強できました♪

少人数でやるのはいいですね☆ 突発勉強会を今後もやっていきたいと思います!

さて、洗練された授業の解剖学。 しばらく休みだったけど、その分一気にきます。

以下、授業の対応方法とテスト対策メモです。

◆授業中の余談 ・ニュースのネタ ・授業の内容にリンクする身近な話題 ・飲み会で使える笑いネタ

ノートの端に走り書き。 余裕を持って図を書いているので、充分対応可。

◆病気ネタ 各部位に関する病気をハイスピードで話してきます。 できるようならメモ書きする感じ。

◆テスト対策 ・重要点の列挙 ・配布プリントと教科書を読む  配布プリントを重点的に! ・内容の理解  それぞれの流れを理解。  論理的な理解。 ・暗記

◆小テスト対策 本テスト前に丸暗記系の小テストがあります。 白紙の答案用紙に、各名称付きで図を書くという内容。 満点狙いで8割かなぁ~? ・ノートの内容確認 → 済  友達のと比較  ・書いて暗記 ・正確に書く練習 ・早く書く練習

何事も具体的な行動の積み重ねです。