軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【生理学5】ICレコーダー

・余談が多い、かつ本論か余談の話かの判断が難しい ・板書がちょっと・・・ という特徴を持つ、生理学の授業。

みんな分かってるのかなぁ~って周りを見回したら、 大あくびをしている女の子と目が合ってしまいました(笑

・何が余談なのか? ・どうやってノートを書くか を考えたり、ノートを取っていたりすると、先生の話をスルーしがちです。 そうすると、話がわからなくなって授業の進行自体もスルー☆

でも、口頭の説明をよく聞いていると、寄り道(余談)をしつつも それなりに筋道立てて話していたりします。

ということで、ICレコーダーを購入しました。 http://olympus-imaging.jp/product/audio/v51/index.html

<ICレコーダー> ◆設置 後ろの席でも、それなりに録音できるようです。

◆設定 最高音質でなくても、大丈夫そう。 一応、ノイズフィルタは設定しておきます。

◆ピンポイント再生のために 記録内容を全部聞くのはダルい ⇒ 一定間隔でICレコーダーの録音時間をノートへ書き込み

また、わからなかったところも同様に。 これで再生時に該当箇所を探す時間がはぶけます。

◆ノートの取り方 余白を少し多めに取っておきます。 書き足す用。 右半分はできるだけ書かないようにしようかなって思ってます。

◆ファイル管理 ファイル名の命名規則。 日付 + _ + 授業名.wma で管理しようと思います。

一応、授業ごとにフォルダ分けして。

余談かどうかの判断は、 ・目の前の試験に出る問題か ・それ以外か というものです。

余談も、医療系の雑学として充分有益なものだったりします。 頭の隅においておければいいなと思います。 薀蓄用に(笑