軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【生理学6】復習2009.06.30

下記のことで、勉強方法をちょっと変えます。 ・ICレコーダーを手に入れたこと ・小テストが当日でなく、翌週になったこと

<勉強の流れ> ◆予習(約1時間→約30分) ・大まかな流れを捉えようとする ・単語に慣れる

◆授業 ・大まかな流れの確認と中くらいの流れを捉える。 ・細かい流れはキッチリ捉えようとしない。

◆授業後の復習(約5分) ・大まかな流れの確認と中くらいの流れをなんとなく見直す

◆翌週の復習(ICレコーダー) (30分~1時間半) ・中くらいの流れと、細かい流れを補う ・ある程度、書かれたノートを見ながら、解説を聞きなおす

1回の授業にえらい時間をかけてます(汗 なので今後、予習の時間を削る予定です。

で、小テストの得点力UPのために、 復習は翌週にやることにしました。

生理学は細かい論理がたくさんあって、難しいです。 面白味もありますけどね☆

各教科の勉強方法についてはだいたい決まってきたと思ってます。 今後は、汎用的な勉強方法のまとめをUPした後、 勉強内容をメインに書いていきたいと思います。 薀蓄系で(笑)