軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【解剖学4】筋肉の授業2009.09.16

筋肉は作業療法士にとって、最も重要ということで厳しい授業。

授業中に指名され、答えられなかったら激しい叱責。 ちびります。

特に重要な箇所は、

約10分でその場で覚える → 指されて答える(目をつぶらされるので、ノート類は見れない)

ということをやりました。

内容は、 筋肉名を言われ、働き(外転or内転、外旋or内旋)を言う というもの。

筋肉の位置から、答えは推論できるのです。

これとは別に、

Q.肋骨につく筋肉は呼気or吸気?

A.肋骨につく筋肉 → 動くと肋骨が引き上げられる → 肺の容量UP → 吸気の筋肉

というものも指名制でやりました。(これはちょっと緩い感じ)

上記のことから、論理が入る箇所は要注意です!

ですが、残念ながら僕の理解力はそれほど高くないです。 ということで、予習および復習をちょっと強化します。 (なんだかんだで、予習も復習もたいしてやっていなかった・汗)

◆予習 ・配付プリントを見る ・教科書を見る ・大まかなストーリーを予想してみる→書き出す

何をやるのかぐらいは、情報として知っておくこと。

◆復習 ・イラストを書く! ・模型をいじる! ・会話をする!

複雑なので、忘れないようにいろんな形で繰り返し。 早い段階で!

筋肉の動きを常にイメージしながら、授業を受けるのはもちろんですが、 日々の生活にも意識が必要かもしれません。