軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

アフターケア 2009.11.05

無事、定期テストをクリア♪ 難関科目の解剖学がヤバくて、受けた後かなり落ち込みましたが、 ギリギリセーフ☆

あと2科目あるけど、消化試合的なので大丈夫!

◆長期記憶化 あとは「どう長期記憶化するか」というのが課題です。

定期テストで使った労力はけっこう大きいです。 ここで積んだ知識をできるだけ損なわず、国試まで維持したいです。 0からの暗記はマジ疲れる(汗)

維持する努力をすることで、 運動学など関連する上位科目で使えるというメリットがあります。

上記の用途で記憶を定着させるための「繰り返し」をどう実現するか。 使う労力は最小限で。

改めて、

◆国試の危機感 合格率の全国平均は 前々回:73% 前回 :81%

それ以前の90%代の合格率は望めないように思います。 時代背景も含めて、僕たちが受験する時は70%代を下回ることも想定すべき。 つまり、難易度が高くなるということです。

国試に合格しなければ、国試浪人。 定期テストは落ちても金でなんとかなりますが、 国試は一年を棒に振るいます。 下手をすると、大幅なモチベダウンで4年間を棒に振るう形になるかも。 定期テストのように「準備時間が足りなかった」では済まないのです。

4年生になったら就職活動と並行して国試対策をすると思いますが、 できれば就職活動の方に力を入れたい。 (さらに臨床実習が2ヶ月×2回もある・汗)

色々と不安事項がたくさんありますが、 3年後はリアルにオサーン化してますw 頭も体も動きが悪くなっているかも(汗 そんなオサーンとなった自分に できるだけ知識貯金を残しておいてあげたいな~。

ということで、

定期テストの知識維持のために

1.自習 ・ノートをパラパラ見る ・関連本を読む などの自習。

意思が弱い僕は、なんだかんだであまりやらないです。 たぶん。 日記化などの目的を絡めて、多少はやれるかな~。

2.国試研究PJ クラスを巻き込んだ僕のプロジェクトです。 国試に焦点を当てて復習できる仕組みにしているので、 自習と絡めて、定期的な「繰り返し」を達成できます☆

今月は簡単な実習があるだけで、 あまり頭を使わない月になりそうです。 なので、上記のことに注力しようと思います。

後は遊びます♪

<Sponsered Link>