軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

4Qテストを振り返って 2010.02.19

テスト期間中のメモ書きです。

<ペース(力の入れ具合)> ◆本テスト前の勉強ペース 3日間連続で集中した勉強をすると知恵熱が出てしまう弱点。

本テスト前は、サラッと復習する程度。 体の回復と頭の休養。 2~3時間の復習するくらいで済むように、 日々の勉強または対策を立てる必要がある。

◆教科の位置付け OTにとってどれだけ重要か。 自分の判断で決め付けるのはあまり良くないが、 ある程度のメリハリはつけるべき。 ・先生の話 ・先輩の話 ・国試

◆無駄? 効率化を考える際、都合をつけて手を抜くクセがあります。 無駄と思えることでも、一生懸命やれば何かを得られることもあります。

でも完璧主義は疲れます。 完璧と最低限の努力の中間。

計画的にコツコツやること。 切羽詰ってしまうと最低限の努力になってしまう可能性がある。

◆サボり 今回は気合が入らず、事前にするべきことを後回しにした。 要するにサボり。 それにより、 ・疲れが回復したこと ・時間的制約 という要素で、思わぬ集中力が生まれることもある。 ただし、かなり疲れる。

やはり勉強には計画性が重要。

<今後の勉強> ◆理解まで 授業中に理解し、復習で ・単語の暗記 ・論理の見直し をするのが望ましい。 (1年の生理学と同様に)

2年になると、基礎がわかって当たり前の授業になるので、 予習がとても重要になると思う。 1年のどういう知識が必要になるのかを調べる作業。

効率よく予習するためには、 「わからない情報がどの教科で、教科書のどこに書いてあるか」 という程度はわかるようにしておく必要がある。

<その他> ◆精神的な疲れ 精神的な疲れは時間差がある。 細かいのが蓄積→症状が出る。 すぐに解決できないレベルになってしまう。