軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

第3回国試勉強会 2010.03.07

3回目の勉強会。

今回は7名の参加。

語呂を教えあったり細かい論理を確認しあったり、 一人で勉強するだけでなくみんなで勉強し 情報を共有しあうことはとても重要だと感じました。 勉強が苦にならないし。

今回の範囲 ・2Q解剖学(骨、関節、呼吸器系、消化器系) ・3Q解剖学(筋肉、神経系)

テーマを特別補講対策としていたので、 ドボン問題(間違えたらマズイ問題)を繰り返し確認しておきました。

ドタキャン2名、無断欠席3名。 遅刻や欠席について、事前に連絡するようにメールしても、 やはり連絡してこない人がいます。 学生はこんなもんですね。 予定外出席2名。

<考察> ◆イラスト 骨学や筋肉などはイラストを覚えることで解ける問題が けっこうありました。

◆見直しリスト 【2Q】 ・手根骨のイラスト → ノートのイラストを修正 ・足の骨のイラスト ・肝臓のイラスト(血管も含む)

【3Q】 ・筋の分類 ・神経支配のおおまかな範囲 ・脳の血管支配(ウィリス動脈輪のイラスト) ・脳神経→表にする ・脳の機能と部位の名前(ex 中脳・四丘体:視覚と聴覚に関係) ・神経の伝導路

◆復習 一回目は17問中8問の正解でしたが、(運もある) 翌日の朝、問題を解くと17問中16問の正解。 論理はわからないけど、答えだけ覚えているのもありましたが(汗

2,3ヶ月に一度は復習したいと思います。

◆勉強量 国試の問題を解くことで基礎で重要な箇所を認識。 見直したり、まとめ直したりすることで繰り返し数を稼ぐ。 それ以外はパラパラっとノートを見る程度。 (ノートをキレイに書き直すかも?)

1年の今の時期はこの程度の勉強量で良いと思います。

2年になって上位科目を学ぶ際、 わからないところはその都度復習する形になると思いますが、 「教科書やノートのどこに何が載っているか」 を最低限記憶に残しておけば、短時間で復習することが可能です。

そして、2年では評価実習を視野においた勉強をしようと思います。