軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

第4回国試勉強会 2010.04.10

4回目の勉強会。

今回は4名の参加。 少人数だと融通が利くので、勉強会の進行はやりやすいです♪ 質問や余談を発言しやすいのもメリットです☆ 調査→発表というステップがあるので、 問題数をこなせないのが、若干のデメリットですかね。

キャンセル7名。 連絡なしはありませんでしたが、 今回の勉強会を忘れてる人が多かったです(汗

◆範囲 ・3Q生理学(ホルモン、循環器系、etc)

テーマを2年生の勉強(上位科目)のための復習としていたので、 事前に生理学に関連のある「内科学」と「神経内科学」の教科書を 見ておいてもらいました。

見た感想を話したので、ちょっとイメージができました。 「内科学」と「神経内科学」は各部位の疾患についての教科なので、 正常な生理学を学ぶことで、理解がしやすくなると思います。

今回は「出題内容一覧」を出して、頻出問題かどうかを見ました。 毎年出題されているものは、優先度の意識が上がります。

<考察> ◆ポイント ・文章をよく読むこと。 → 細かいひっかけがあるため。 (木曜の授業でよく言われてた)

◆頻出問題 ・呼吸と血液の酸塩基平衡 ←表を覚えれば解ける ・体温 ←授業であまりやってない!? ・摂食、嚥下 ←解剖的部位を覚えていないと問題が理解できない

◆薀蓄 ・食事した後にすぐ寝ると、  食道に胃液が戻ってしまい、癌になる可能性があるとか。

・食事後、胃に血液が集まるが、  脳→胃ではなく、筋肉→胃へ血液が移動する。  眠くなるのは、満腹中枢が睡眠中枢に近いからだとか。

◆復習 一回目は9問中4問の正解でしたが、(運もある) 翌日の朝、問題を解くと9問中8問の正解。

GWか夏休みに再度、解いてみたいと思います。

◆春休みの復習 結果として、勉強会以外はほとんどやってません(汗

・NHK人体シリーズDVDを全6巻まで見る → 見るだけなので、春休み中に頑張る

・薀蓄をまとめる → ノートをパラパラ見る作業とPCでまとめる作業を分ける   (優先度は低い。ただし、継続が重要!)    ・A5ルーズリーフに解剖学ノートを書き直す作業 → 運動学、整形外科学でかなり重要な基礎知識なので、   学校始まってからも引き続き行う  (上肢は終わったので、下肢)

そんな感じ。

<Sponsered Link>