軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【基礎医学特論2】肩関節の屈曲運動2010.04.22

男女ペアになって、関節可動域訓練をやりました。 最初なので、肩関節の屈曲運動のみ。 ぎこちない(汗

先生に色々とポイントを教えてもらいました。 ・運動は面上の動き ・ゆっくりと一定のスピードで動かす ・最終可動域付近ではムリな力を加えない ・開始肢位に戻してから手を離す(途中で離さない)

・近位部をおさえる(母指球or小指球を使う) ・遠位部を持つ(手に力を入れすぎない) ・患者の前腕を自分の前腕で支える(患者の肘が曲がらないように) ・ガッチリくっつく(腹で支える) ・ヒザを使う(痛めるので、腰を曲げてやらない) ・足の向きを患者と同じ方向にする(+太ももを支える) ・腕がひっぱられる感覚が気持ちいい??

お互いぎこちないながらに、 やられた感想を言い合いながら修正。 最後、相方さんが先生に激褒めされました♪

授業後、色んな人にやってみて感想を聞いてみました。 ・腕をひっぱる感覚がない? ・安定感はある

色々やっていると何が正しいのかがわからなくなります。 ダンスと同じです。 関節可動域訓練は患者がどう感じるかが重要なので、 とりあえず数をこなしてみたいと思います。

<考察> ◆肘関節をうまく支えに使うのがポイント ・相手の肘関節を支えるためには、自分の肘関節を下に入れる必要がある。 → 膝を使い体を下げる

・0~30°くらいまでは下に入らないので、  30°を過ぎたあたりから、意識的に肘を入れる。

これが安定感に大きく影響する気がします。

◆前屈みにならないために ・ヒザをバランスよく曲げれない ・腰を曲げて前かがみになってしまう という人がいました。

見ると、患者より後にポジションングしているために、 前かがみになってしまったり、前足だけを大きく曲げているようです。

なので初期位置を考慮し、ちょっと前にポジショニングする。 すると、解決できるような気がします。

◆今後の課題 安定感を保ちつつ、 ・面上の動きを意識(より正確に) ・手の回外を正確に ・可動域の見極めの意識(今はやるだけになっている) ・患者さんの気持ちいいポイントを聞き出す

こうやって試行錯誤しながら技術を磨くのは楽しいです♪