軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

第5回国試勉強会

10名の参加者。 メーリングリストを導入したので、事前連絡が楽でした♪

来月、1年生へ人体について説明するので、 そのやり方を確認するのがテーマ。 その影響か、今回が初めての参加者が何人かいました。

「何をどう話すか」を議論することにより、 基礎知識を思い出すことができました♪

勉強は一人でやるのもいいですが、 楽しくやれる点で、勉強会でみんなでやった方が良いです。 少なからず強制力もあるし。 特に復習に言えます。

ちなみに、去年僕が作成したレポートが優れているらしく、 みんなに参考資料としてコピーしました☆

〈説明のポイントメモ(要確認)〉 ◆心臓の外観より ・位置 ・形状 ・重さ ・血管(動脈、静脈、冠状動脈、栄養血管、機能血管     大動脈弓からの血管) ・右心耳の下に右心房、左心耳の下に左心房

◆冠状動脈 ・ウネウネしているのは切れないため ・収縮している時しか血が入らない ・冠状動脈洞(上下大静脈に混ざらないで直接、右心房へ)

◆心臓・その他 ・左房室弁 圧が強いため切れやすい ・卵円孔、ボタロー管

◆体循環 ・左の下大静脈の方が長い→むくみやすい ・大きい動脈と静脈は並行。小さいのは動脈が深いところ、静脈が表面。

◆肺 ・左と右、どちらが異物が浸入しやすい? ・右葉は下葉が後ろ ・機能動脈:肺A,肺V→毛細血管 ・栄養血管:気管支A ・別れて失敗(第四胸椎) ・機関車が食堂車を引っ張る

◆胃 ・いてい、いたい、先生に幽門

<考察> ◆勉強会のやり方 ・人体の説明  何が説明のポイントか意識を持ってもらうために。 ・解剖学1Qの問題  いつものやり方 ・人体の説明  今まで議論した内容を元に。

◆繰り返し 若い子に、 「復習をしっかりやってそうですね」 って言われました。 記憶力がすごいように見えるようです。

実際は、バイトやメーリングリストの導入など 勉強の補助的なことばかりやっていて、ほとんど復習はやってません。 自分主催の勉強会を開いていることが唯一の復習です。 (1年の勉強については)

記憶力は繰り返しの要素が強いです。 その中でも、 「インプットとアウトプットを繰り返すこと」 が一番記憶の定着が良いと思います。 勉強会はその一番適した場になっているのです。

◆勉強会のやり方 毎回、勉強会の前に簡単に計画を立ててます。

・勉強会の目的 ・テーマ ・タイムスケジュール ・注意点

文書を作成することで、考えがまとまってきます。 ある程度、考えがまとまっていれば、勉強会で臨機応変に動けます。

開始が遅れたり(けっこう遅刻が多い)や 雑談モードの時間が長かったりで、時間がズレます。 タイムスケジュール作成時は、 「絶対やる内容と切り捨てる内容を意識して組み立てること」 がポイントとなります。