軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【整形外科】やる気なし対策

やる気なしモード。 一週間のテスト勉強で疲れました(汗

土曜は丸1日休息。 メタボ対策で、ジムにも行きました☆

さて、日曜からやるか~と思ってましたが、 ドラゴンボール改から始まる1日は 休息モードでした(汗 筋肉痛だしなんかダルイ(汗

こりゃマズイと思って対策。

1.14時頃、テンション上げようとメール → 誰も返信なし

2.15時頃、場所移動 近くの自習室へ。 涼しい♪ 若い女の子と二人きりの空間で ちょっとドキドキしながら、作業開始。

3.16時頃、とりあえずやれることをやる 骨折が重点的に出題されるとのことなので、 資料を見ながら、とりあえず何も考えずに書いてみます。

すると、 「どう勉強していくか?」 という思考になってきたので、 下記にまとめてみました。

何をやれば良いか明確になってないと、 やる気なしモードになりがちですね。

逆に、何をやるか細かく考えていくと、 やる気が出ます。

<整形外科> 1.カテゴリーごとのまとめ方(暫定版)  a.骨折   表形式にまとめる   → 疾患名、特徴、治療

 b.腰   指定された疾患6つ   診断のフローチャート    c.体幹   指定された疾患3つ

 d.熱傷   指定された3か所をすぐに覚えてしまう

 e.膝関節疾患   表形式にまとめる   → 疾患名、特徴、治療、リハビリ

2.パソコンでのまとめ作業  やる気が出ないので、数の少ないカテゴリーから着手。  骨折は最後?  (骨折も細かく段階付けをする。部位ごと)

3.地道な暗記作業  ・最重要カテゴリーである骨折から。  ・先生がどういう形式で出題してくるかを考えながら。

4.アクセント  まとめ作業がけっこう時間かかりそうなので、  着手できる暗記作業を間に入れます。

5.時間の配分  時間的制約はとても重要なので、  ある程度、勉強作業が加速してきた段階で、時間配分を決めます。

こうやって攻略法を考えると、やる気が出ます☆ たぶんやっていくうちに、また違うやり方になると思いますが、 とりあえずこんな方針でやっていきます。