軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

テストの感想(2年1Q)

日々の勉強をやってる科目とやってない科目とで、 結果が大きく分かれました。

◆中枢神経論 楽勝モード♪ ノートを見直して、 忘れかけている部分を1、2回書いて終わり。 小テストや去年の本テストをやって、9割取れました♪

生理学をしっかり勉強していたのが、結果としてきました☆

◆○×問題(内科学、神経内科学、基礎医学特論 30分~1時間程度の勉強でいけました☆ テストの攻略法はだいたいOKですが、 内容の理解が伴ってないかも(汗

◆運動学 「丸暗記!」と言われていた表も、うろ覚え。 起始、停止からなんとなくイメージができるようにはなりましたが、 60~70%程度の暗記率。

2Qはきちんと対策しないとダメっぽいです。

◆整形外科学 何をしていいかわからない。 とりあえず、小手先の勉強。

国試の前は、中枢神経論のような状態でありたいものです。

◆プラスα できれば1年後に見ても、 各教科の概要がわかるような資料を作りたかったですが、 モチベが低くてダメでした。

◆勉強に集中する 国試やメーリングリストの活動は5月末までに終わらせていたのに、 ちょっと余計なことをしていました。

周りの人を信用して、自分はあまり動かないってことも時には必要です。

積極性の発揮は自分の仕事だけに。 人の仕事で頼まれてもいないことに、 積極性を発揮しなくても良いですね。

難しい判断ですが、前職の経験的にまずは自分の仕事。 忙しい状況でこそ優先度の意識が問われます。

バイト&授業で日々のバッファはそれほどありません。 疲れると1ヶ月単位で、パフォーマンスが下がるので、 無理はしないことです。

<今後> ◆バイトを頑張る バイト&授業は体調を崩しやすいので、注意。 新しいバイトを入れたので、学校の仕事はこれ以上、増やさない。

◆プライベートの方も 年に1回レベルの飲み会がちょこちょこ入っているので、 予算配分を意識して、こなしていこうと思います。

メーリングリストの運用 未だに9割。 受け取れない人が5名いる状況で、手作業で転送するのが非常に面倒。 残っているのはだいたい機械オンチの人。 それはしょうがないが、 「誰に何を聞けばできるのか」を理解させ、設定を促したいです。

その他に、よくわからない現象があるので、 面倒だけど調査しなくてはいけないかも(汗)

◆ファイル共有 もっと普及させたいが、難しい(汗) しばらくは様子見です。 立派なマニュアルがあるので、回覧しようと思います。

◆国試のまとめ作業(運動学) 運動学、整形外科学はQテストのレベルが高過ぎて、 身についた感がありません。 国試の過去問をベースに、知識を整理したいので、 まとめ作業は頑張りたいところです。

◆レポート 7月2日まで。

◆リーダー 2Qはけっこうやることが多いので、 クラスのリーダー的なことはちょっと避けたい。 やるとしたら、役割分担をしっかり行う。 そこに縛りがある業務はやる気を落とされるので、やらない。

◆運動学 100点を目指す勢いがあっても良い科目だと思います。 身体領域の軸だからです。 臨床でバカにされないために。

1週間に1時間程度の勉強をしようと思います。 1年時の生理学くらいの投資価値はあると思います。

初心を思い返すと、 10年分のハンデを、知識とやる気で補いたいと思います。

◆OTとしてのモチベーションアップ 若干、迷いが出ています。 このままOTで良いのかなと。 現役OTブログなどで情報を得ることで、 モチベアップできればいいなと思います。

マインドマップ 2Qでやることをマインドマップでまとめてみました。 今、何をすべきなのか一目でわかるので、なかなか良いです☆