軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【運動学】脊椎の動き

運動学の授業にて。

背筋を伸ばしている状態と猫背な状態を交互に繰り返し、 脊椎の可動域を確認しました。

僕は、胸椎のT10かT8くらいから上は動いていないようです(汗) 脊椎と皮膚がくっついて動きにくくなっているとのこと。 (背骨の両側を強く指圧?していくことにより、よくなるらしい)

腰椎は胸椎と比較し可動域が大きいです。 その可動域が大きい腰椎が、胸椎の動きを補って、 大きく動いていたようです。 可動域が大きいということは負荷もかかりやすく、 ヘルニアにもなりやすいそうです。

胸椎の動きを復活させないとマズい?と思って、 自分でできるトレーニングを教わりました。

<脊椎と皮膚を離す運動?> 1.教壇に上半身を乗っける(代償運動が出ないように)

2.片肘を上げる。  背骨に対して90度。  前腕は垂直に降ろしておく。

3.慣れたら両肘を上げる

胸椎にくっついてる皮膚をはがす動きになります。 ちょっとキツい。

ちなみに、他の女性が習っていたトレーニングです。 (同じく胸椎があまり動いていない人。  素人目には同じような症状だけど、  違うトレーニングになるらしい。)

<胸椎らへんの筋を動かす運動?> 1.壁を背にし、ちょっと離れて立つ

2.頭から壁に倒れかかる

3.お腹から、元に戻る

治療法はまだ本格的に習う段階ではないですが、面白いですね♪ 中枢から働き掛ける方法は、手品のよう。 (以前、股関節の屈曲を柔らかくするため、 なぜか上肢の柔軟などをやったら、すごく効果があった☆)