軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

本格的な勉強モード

1年、2年の前半は基礎的な教科ばかりでした。 つまらなくはないけれど、 どう使うかイメージしにくい教科が多かったです。

知識は使うためにありますが、 それがイメージしにくいと力を出し切れないです。 暗記作業の詰めが甘くなっちゃう(汗

そんな感じで、ダラダラモードになりつつありましたが、 2年の後半から、やっと本格的にOTの専門科目が開始されます♪ そろそろ「満点狙う組」に入れるように準備したいと思います。

◆満点を狙う 今までギリギリA(80点~)を狙う感じでやってきました。 なので、結果として7~8割。 自分なりに効率化し、程々の頑張りで達成できてました。

満点を狙うとなると、その2倍くらいの勉強量が必要となりそうです。 それでも、8~9割いけばいい方でしょう。

『「1日30分」を続けなさい!』曰く、 勉強量は結果への影響が大きいです。 どんなに効率化された教材、勉強法でも、 勉強量が少ないと効果が出にくいということです。

今までの基礎科目は準備体操みたいなもの。 これからは作業療法士としての価値に直結する科目です。 知ってれば知ってるほど、実務に役立ちます。

人生やり直し組のプライドをかけて、 勉強量の増加を厭わず、「満点狙う組」に入りたいと思います。

◆勉強量増加 一日あたりの勉強量はハード的な限界で、 なかなか増やせません。 知恵熱が出ちゃう(汗) そうすると、長い期間で短い時間を繰り返すことしかありません。

「勉強する30分を1日の中でいかに作るか。」 これがポイントです。

一日休みの日や学校のみの日は少なからずやるので、 問題ありません。

バイト&学校の日が問題です。 朝早起きor夜、帰宅後。 ちょっと気合が必要になります。

できれば丸一日休みの日は、 午前中のみの勉強で、午後は余暇にあてたい。

◆普段30分でやること 作業はだいたい決まってます。 授業のマインドマップ化です。

構造的理解を促進することができ、全体を見れます。 全体が見れると、 どこ重要かがわかりやすくなります。

そして所要時間がお手頃。 2コマでボリュームのある授業の場合、20~30分程度の時間です。

それでも一週間分になると、それなりのボリューム。

日々の勉強はマインドマップによるまとめ作業、 レポートおよび小テスト対策がメインになると思います。

そしてシンプルに確実に。

階層の深さを制限することで、複雑にはなりません。 細かくやると大変なので、2~3階層くらいで。 (そうすると、10分かからないでできてしまうことも)

◆テスト勉強は2or3週間前から ○2、3週間前からは ・勉強スケジュールの作成 ・マインドマップ以外のまとめ作業 をします。

○1週間 暗記作業をちょこちょこやる形。

○テスト当日 ・確認作業 ・プラスα という感じが理想です。

実現できるかな~? 2年3、4Qでお試し。4Q3年が本番くらいの感じで。 あまり力みすぎないことです。

◆その他のメモ ・疾患系の理解が弱い  どこで補うか? → リスク管理の観点で疾患系を理解する?

・実技系対策は? → 彼女を触っちゃう?(笑

・評価や治療に関しては、今まで封印していた参考書にも手を出すかも? 亀田総合病院リスク管理の本は購入するかもしれません。