軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

自閉性?

発達領域の先生の講演に行ってきました。 発達領域の総論という感じで聞いてきました。

◆バリアー 講演は内面を探るのがテーマ。

・子どもの問題行動が出るまでの流れ。

現象 ↑ バリアー ↑ 内面

ストレートに出ないのが難点。

評価は逆に辿っていきます。 現象 ↓ バリアー ↓ 内面

どういう現象が出ていて、 それがどういうバリアーを経ているのかを探るのは、 他の領域でもたぶん同じだと思います。

感覚統合が専門の先生でしたが、 発達領域の授業はさわり程度しかやってないので、 よくわかりません。

◆自閉性 話を聞いていると、 自分は自閉性があったのかな、と思います。

・人から触られなくない ・みんなの輪に入らない ・話さない

自閉性がある子は共感力が乏しい傾向があるそうです。 だからか~、と納得。

理系の人にはその傾向が強い気がします。 共感力のなさ。 技術があるという裏付けによる自信も、追い風になるのでしょうが。

ここらへんは最近、自覚が芽生えました(病識?・笑) 医療・福祉系の人たちは理系の人たちとちょっと違うので。

◆書籍 ネットの書籍販売サイトの評価を見てみると、 非常によさそうです♪

自分の子育てを視野に入れつつ、購入を検討中です☆

<Sponsered Link>