軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

イエロー信号

今日の授業はグループワークでした。 油断してあまり予習していなかったので、 話についていくのがいっぱいいっぱい。 (今回のグループも仲が良くて、すごい楽しかったけど♪)

小テストの場合、点数というハッキリした結果が出ます。 でも、グループワークやレポートはあいまいです。

問題はハッキリした結果が出ないと、 自分のエンジンがかからないことです。 日々の忙しさを理由に、注力しない。

学校の授業でプロレベルのスキルが身に着くわけではないが、 頑張ることで少なからず力になります。 でも、力を抜くと定着率はだいぶ落ちる気がします。

最低ライン+αのところで、 定着率が上がるんだろうな~と思います。

どうでもいい授業なら、こんなこと書かないんですが、 筋肉についての授業なので、気合いを入れたいと思い 書いてみました。

たとえ、精神領域でも筋肉を見れるのが OTの長所になるからです。

<考察> ◆グループワーク  少なくても   ・大きな流れをつかむ  そのためには、   ・教科書を一度読む  ということを行いたいです。

 これができれば、まだ(今までの知識の)貯金でイケる☆

◆レポート  関連する知識を考察に追加していきたいと思います。  レベルアップの機会と捉えることです。  特に整形疾患。  少しでも教科書をめくる機会を増やそうと思います。

◆泥臭さ  まだ実技系は座学と比較して勉強しにくいです。  まだ感覚がつかめていないから、そう感じるのだと思います。

 そういう時こそ、  愚直な努力を積み重ねる時期なんだと思います。  効率を求めず時間をかけ、  そこで何かを見出せるように。