軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

競争心

バカボンドで刺激を受けた僕は、 今、競争心と依存心がテーマです。

今日は競争心について考え、調べてみました。

競争心はあまり出さない方が合理的に見えます。 でも、全くないのは考えものなんでしょうか? なぜなら、一般的に競争心がモチベーションと捉えられているからです。

では、「何をモチベーションにすべきか?」ってところで、 この前の日記の、「目の前の問題解決」もモチベにはなります。

一般的な知識人はどう考えているんでしょうか。 ちょっとググってみました。

◆なぜ成長したい人ほど成長できないのか -成長のジレンマ- http://saikyo-shukatsu.com/2009/07/mindset-growth.html

就職活動中の学生向けの文章。 仕事のあり方、および何を望むかの比較です(「自分の成長」と「相手の貢献」)。

~~~~~引用start~~~~~ 人は分業するという選択をした

まず仕事のあり方についてです。 18世紀のイギリスの自由主義経済学者アダム・スミスが、 『国富論』の第一編において分業を論じています。 それ以降、人は分業システムを理論的に定式化させたのです。 そして人は、信頼と責任をベースに仕事をすることを始めました。 ~~~~~引用end~~~~~

~~~~~引用start~~~~~ 例えば、分業していると多くの人が一つのプロジェクトに携わります。よって仕事を依頼しなければならない。また、仕事を請けなければなりません。その中で「自分の成長を考えている人」と「相手への貢献を考えている人」のどちらに仕事を任せたいでしょうか。恐らく後者でしょう。社内然り、顧客然りです。結局、自分の成長を強く望んだとしても、自分の成長に繋がるような仕事を与えてもらえないのです。これが、成長のジレンマであると私は考えます。 ~~~~~引用end~~~~~

~~~~~引用start~~~~~ 良い仕事をする人に良い仕事が回ってくる

さらに自分の成長を望む人間は得てして競争を好みます。 なぜなら、いかに成長するチャンスを得るか、 が目的になってしまうからです。 しかし、相手の貢献を望む人間は競争を好みません。 なぜなら、競争をせずとも貢献はいくらでもできるからです。 ~~~~~引用end~~~~~

文章が少し偏っているように感じます。 10年前だったら、確実に否定視してたかも。 でも、今ならなんとなくわかります。

「分業について」の話が冒頭にきているのがいいですね。

(自分の中での関連知識) ・生物としての人間 ・倫理的利己主義

◆教育の窓・ある退職校長の想い http://blog.livedoor.jp/rve83253/archives/670556.html

退職校長が『健全な競争』について述べています。

~~~~~引用start~~~~~ 『学級の仲のよさ    A

 わたしは、4年生まで男の子と話したことがありませんでした。たまに話しても、それは、必ず口げんかでした。

 5年生になって気持ちが変わりました。わたしのまわりの男の子が、とてもやさしかったのです。わたしが気持ち悪いとき、「平気かよ。」「ぼく、ランドセル持っていってやるよ。」とか言ってくれて、気をつかってくれました。わたしは心の中で、『ありがとう。』と言いました。  その次の日から、学校へ行くのが楽しみになりました。

 (社会科の体験学習で)大八車を引いたときも、「A。がんばれ。」と言って、みんなが少し力を入れて、押してくれました。上まで上ったら、「A。すごい。」とか言ってくれました。

 こんなふうで、一組は、6年になっても、いつも男女仲良しです。

   6年の夏休みの水泳では、平泳ぎがとても好きでした。わたしは、女の子のなかでは、一番速かったです。

 ある日、男女一緒になって泳ぐことになりました。わたしの隣は、B君でした。最初は、B君がものすごいトップで、わたしは2位でした。わたしは負けたくなくて、なるべくずっと顔を水の中に入れて、手を大きく回しました。わたしは、B君をぬかして、1位になりました。最高記録だったので、とてもうれしかったです。

 でも、二回目は、B君に負けてしまいました。とてもいい思い出になりました。

   B君と競争したことが、こんなに思い出に残るのも、男女がとても仲がいいからだと思います。そんなところがとてもうれしいです。わたしはこのクラスが大好きです。」

   4年生までの人間関係だったら、男子と競争する気は起きなかったに違いない。また、教員が無理にやらそうとしたら、このAが1位になることはなかったに違いない。

 人間関係の豊かなことが競争心を支え、その喜びがさらに豊かな人間関係の構築につながる。このAは、1位になったこともうれしいが、そういう競争のできた、男女の心のつながりがもっとうれしかったに違いない。 ~~~~~引用end~~~~~

最後にまとめられていますが、 「人間関係の豊かなことが競争心を支え、その喜びがさらに豊かな人間関係の構築につながる。」 ということですね。

<考察> ◆キーワード ・仕事の分業 ・相手の貢献 ・自分の成長 ・豊かな人間関係

◆目の前の問題解決 キーワードに絡めてみます。

自分の組織の「問題解決」をすることが、 「相手の貢献」につながり、 「豊かな人間関係」を築きます。 それが結果として「自分の成長」にもつながります。

さらに、この前の日記の 「認められたい欲求」を満たされるサイクルに乗ります。

実際に、 ・クラス内にメーリングリストを導入した ・国試対策の活動 ・その他、授業で必要な作業(グループ決めとか)を行った という活動において、実感があります。

◆7つの習慣 成功哲学のバイブル『7つの習慣』より、 関連するキーワードです。 ・私的成功と公的成功 ・相互依存 ・Win-Winの関係

◆次回 競争心の根本は「認められたい」ってところだと思っています。 そこらへんの人間心理を踏まえ、 具体的な考え方・行動指針をまとめられたらいいなと思います。