軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

卒業研究

上級生の卒業研究発表と、 作業療法協会会長さんの講演でした。

<卒業研究> 身体領域は難しい。 部分的にはしかわからなかったです。 その中で基礎的なことがとても勉強になりました。 (その他の領域も含む)

1.信頼関係構築 2.興味・感心の把握 3.評価→どこにアプローチするか

◆1と2 評価・治療をするため、 信頼関係構築は土台の土台という感じ。 興味・感心の把握は土台という感じがします。

バイザーとの関係にも応用できます。 それぞれについて、自分なりに考えておき 身近な人に実践できるようになることが課題になりそうです。

◆3 これは現段階では難しい。 評価した後、「その後のアプローチをどこに行うか」 というところはけっこう難しいかも。

認識・判断・行動。

「評価」という現状認識の重要さを再実感しました。

<会長のお話> ご自身の経歴、法改定に携わる現在の仕事、 そして実際の治療を通して 作業療法の考え方を話して下さいました。

以下、メモです。

○身体領域の回復期の問題や考え方など ・退院後のフォローアップ ・在宅のADLを優先すべき ・芽を作る(育てるのは在宅で)  

作業療法について ・ニーズが軸 ・一人ひとりの患者さんの満足度 ・医療用語をわかりやすく説明 ・OTがいなくても、その人ができる作業をやれる環境づくり ・各種学術会への参加(脳神経学、分子生物学、学習理論) → OTの発展

○技術的なこと ・50肩は簡単に治せる(?) ・拘縮は20分で治せる(?) ・福祉用具の進歩(ヨーロッパのロボット工学)

<考察> ◆身体領域のやりがいを感じた 会長の話を聞いて身体領域のやりがいを感じました☆

手技がすごいようです。 視野の広さは手技に裏付けされているような気がします。 僕は基本的な手技でつまずき、視野が狭くなりそう。

「視野の広さを維持しつつ、細かい技術を蓄積していく。」 というのが、理想です。 「何のための作業療法か?」 ということを常に考えておくことですね。

◆日常生活の意識 今日の内容を踏まえ、以下のことを意識していこうと思います。 1.信頼関係構築 2.興味・感心の把握 3.視野の広さを維持しつつ、細かい技術を蓄積していく