軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

運動機能評価法

これでいいのかな~? と、いつも思ってしまう運動機能評価法の授業。

先生との相性がよくないのか、 モチベーションが上がらず、流れ作業のようになってます。

◆先生について ・説明が大ざっぱに感じる ・「他の教科と連携しながらガツガツやる」  と公言しておきながら、他の教科で何をやっているか全然把握していない ・教科書中心で授業を進めるのに、あらかじめ読んできてない(?) ・ギャグが滑る(オタク気質?)

◆授業内容について ・健常者相手なので、いまいち感覚がつかめない ・先生が評価方法を熟知していない(?)。  メジャーな評価は大丈夫?

◆レポート ・レポートの採点が甘い?  (上級生の実習対応で忙しいらしい) ・レポート作成について、他の教科(運動学実習)とブレがあった

先日の卒業研究で、 評価は治療方針を決める重要な現状認識であるので、頑張ろうと思いました。 なので、上記の問題をどう解決or受容し、ポジティブになるかが課題です。

<考察> ◆質問の仕方、頻度  かなり勉強のできるお姉様と実技をやりました。    僕はサラッと流してしまう傾向がありますが、  お姉様は疑問点があれば止まって、どんどん聞きます。    それをみて、  先生を困らせるくらい聞いてもいいな~と思いました。  学校側も「質問力がどうのこうの」って話をしているので。      SE時代、  自分である程度調べてから聞かないと怒られてました。  社会人としては当たり前ですが。    でも、今は学生です。  わからないのが当たり前と認識してもらえます。  授業料を払っているのだから。     ◆質問をノートに書く  口頭で聞く前に、質問内容をノートに書くようにします。  回答内容をそこに書けば、Q&Aのまとめになります。  → そのまま考察に書けます(未回答分も含め)    そして、形にすることで自己解決の可能性もあります。  クラスメイトへ聞くときも使える。    また、1年の生理学みたいに、人の質問を聞くのもありですね。  何が引っかかる点なのかを聞くことで勉強になります☆    何が問題かを考えることで、それなりに対策が出て来ます。  一番よくないのは、なんとなく流してしまうことです。