軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

グループワーク

徒手筋力検査(MMT)のグループワークについて。 教科書を元に、みんなの前で発表します。

<グループワークの流れ> 1.やり方の確認 ・教科書を読む ・なんとなくやってみる

2.進め方の議論 ・おおまかな流れの確認 ・役割分担

3.わからない点を各自でつっこんでいく ・台本作り ・先生に聞く

4.合わせる ・グループで実際にやってみる

<考察> ◆台本 一人の人が作成してくるグループがあるようですが、 僕は今まで説明する人がやる方法を選択しています。 負荷分散、一人一人の理解促進のため。

◆役割分担(説明する部分) 役割分担をすることで一人一人の責任感がUPします。

ただし、あまり早く役割分担をしてしまうと 自分以外の箇所への興味が極端に下がってしまいます。

そのため、最初にすべての範囲を理解できるように 自分なりに質問をどんどん出すこと。

◆役割分担(発表時) だいたいナレーター(MC)、検者、被検者に分かれてやるところが多いです。 ただ、一つの動きについて、 ナレーターが主に説明するか、 検者が動きながら説明するか、 というところはグループによって違います。

検者が説明することのメリットは動きと説明が合うこと。 問題はカンペを見れない(見にくい)ことです。 スムーズに行うために、覚えてくるのが最良の手ですが、 忙しいのでちょっと避けたい。

なので、MCが主に説明し、 検者は被検者への指示だけ話す形が一番楽です。 動きに専念できるし。

◆まとめ 1.やり方の確認 ・教科書を読む ・なんとなくやってみる  → 先生に積極的に確認! ※発表内容のすべてのイメージをつくる

2.進め方の議論 ・おおまかな流れの確認 ・役割分担

3.わからない点を各自でつっこんでいく ・台本作り ・先生に聞く

4.合わせる ・グループで実際にやってみる ・リスク管理や代償運動が出ていないか確認! ・グループ全体の疑問・問題などを確認!

個人的には、予習をしっかりやれないのが大きな問題です(汗