軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

組織が「負の循環」に陥るのは

過去に何回かブログでも書いた経営者日記。

本来の目的である「教育」に力を注ぐはずが、 「学生を集めることが目的」になってしまった というプロセスを分析しています。

失われた4年間 http://blog.goo.ne.jp/tcwblog/e/57d193a7f665f5f02b735b91a3993396?fm=rss

~~~~~引用start~~~~~ この当時の「人」の問題に関しては以下の点が上げられる。 1.複数の方針が組織の混乱を招く 2.人事異動による職員の混乱⇒職員のタコツボ化とコミュニケーション不足 3.適正な運営 4.組織が創造性を無くし、考える力を失う ~~~~~引用end~~~~~

◆社会のニーズ 「なんらかの形で社会に貢献するようなビジネスでないと  長く続かない。」 と知り合いの社長さんに聞いたことがあります。 最近、よく思い返す言葉です。

方針はそれに沿った形で作る必要があります。

とか言っても、僕にはよくわかりませんが。 方針というのを意識して立てたことがありません。 目的と違う?

方針は、 「何を一番にすべきか」という優先度でもあるような気がします。

(3)方針・目的の一体化 http://nsweb.cocolog-nifty.com/gms/2005/02/post_1.html

読んでもよくわかりません。

◆目先の成果 「とりあえず数字が欲しい!」 というのはどこでもあるようです。

個人でもそうなので、 その集合体である組織がそうなるのは当然。

「大局的に今、どうするべきか」 という視点が重要なんですね。

◆経営の視点 「いい仕事をするには経営者の視点になること」 というのはよく聞きます。

自分の属する組織が ・どのような企業理念又はミッションがあって ・どのような方針を立てているか ということを意識するのはいいことな気がします。

経営の視点になって、 自分の行動にフィードバックしていく。 それが自分の成長につながる気がします。