軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

実技系への耐性

体が疲れていると、頭も連動して鈍くなります。 「書き」には比較的慣れているけど、 「話す」や「動かす」には慣れていない運動学の知識は、 そういう時、顕著にダメダメになります。 そんな状況でも、積極的に動いている人が輝いて見えます☆

と言いつつも、みんな初歩的なことから聞いてたりします。 いろんなことがあやふやな状態に陥っているのは、みんな同じです。

あやふやな状態の中で仮説を立て、 それが成り立つための条件を先生に確認する。

ついていけないのは、 単純にコンディションの問題や知識が ちょこっと足りないだけなので、 家に帰ってそれらを補い、 考えを整理してみれば大丈夫です。

できる範囲でアウトプットを行い、 フィードバックをもらい、微調整する。

なんだかんだで、授業中も似たようなことをしてくれるし、 繰り返し指導してくれるし。

体調が悪いときには、周りがすごく見えますが、 そんなでもないし、いくらでもリカバリができるよ、という話。