軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

評価実習発表会

3年生の評価実習発表会でした。 実習発表会に参加するのは、これで2回目です。

<発表方法> ◆内容の省略 びっしり書かれたレジメの内容をすべて読むわけではない。 重要でない情報で、見ればわかることは 「ご参照下さい」 と言っていた。

・現病歴 ・施設内でのスケジュール など

◆口調 かなり早口。 それでも10分では終わらない人が多かった。

<生徒・先生からの質問内容(精神と老健)>

【精神】 ◆ケースの家庭環境について 今のバランスが崩れたらどうなる?

◆OT活動 別の方法があるのでは? 身体メインor精神メイン

◆生活 こづかいのやりくりの意識はある? → こづかいがなくなるとストレス ⇒ OTでやりくりの補助 → 退院した時を考慮して、生活力の評価をした方がよい?

◆退院の視点(特に長期療養の人) ・対人関係の評価 → 外で通用する?

・どこに住む? → 援助寮?

・退院後のニーズは? → 働きたい or 働きたくない → 服を買いたい、手芸をやりたい など

◆服薬管理 自分で服薬するまでの流れ? ・外来 ・交換日記(?) ・飲む回数も重要

◆生活訓練 具体的な中身は?

老健】 ◆特殊な例(施設の方針) MMT、ROMなどの評価はやらない → 活動から観察していく

◆ニーズの具体化 行きたいところ → 距離は?   移動手段は?

車椅子 座位の持続時間     姿勢の持続時間

◆段階付け ニーズの段階付け

◆行動観察 生活からいかにその人をみていくかの難しさ。 身体機能だけでなく、生活そのものに着目。

◆想像 現実的に行えるかどうかをシミュレーションする

◆退院の視点 ホントに退院できない? → 夜間の状態   家族の想い(一番のハードル)

これらに可能性を求める。

◆リハビリ 20分×4日で、どれだけの成果がでるか? → それだけでは変えるのが難しい → それ以外の時間をどう活かすか?(→評価する)

◆動作の自立とQOL どの動作が自立すればよい? どうなれば、その人のQOLが上がる?

<先生方の最後のコメント> ◆S先生

評価実習  ↓  ↓ 一人一人のがんばり!  ↓  ・できなかったことをリカバーする  ↓ 臨床実習

◆N先生 ・厳しいバイザー → 成長への期待

・教科書の知識に捉われない → 臨床ではいろいろな合併症などで一人ひとりが違う

◆T先生 ・最近の学生  枠に捉われがち   ↓  枠外に出られない   自分だったら、どう考える?   (精神領域では特に求められる)

・臨床実習  2ヶ月なので、どう計画を立てるかが重要

・評価  できるだけ具体的に!  治療の意義を確かめるために。

◆Y先生 ・発表は、一人ひとりでなく、みんなの成果と認識

・臨床でも評価が重要。

<考察> ◆精神領域 「生活力」と「服薬管理」 これがキーワードだと思います。 それらを考慮し、さらに「退院」を視野に入れ、 評価を行っていく形。

老健 「動作の自立」と「QOL」 これがキーワードだと思います。 2つとも「ニーズ」と関連性があります。

退院には、家族の環境が大きく影響するようです。 精神も同様ですが。

また、リハビリ以外の時間をどう使うかもポイントです。

◆視点の持ち方 卒業研究の日記でも書きましたが、 大きな流れの意識、つまり視野の広さが重要だと思います。

「何のための作業療法か?」 これを意識し、細かい技術に捉われすぎないことですね。

◆意見の出し方 「自分だったら、どう考える?」 ということを意識してアウトプットします。

これは発表の後のバイト飲みで聞いた話ですが、 「自分の考えを述べてから、質問する」 というのがバイザーに喜ばれる質問方法だそうです。

「これは~だと思うのですが、どうなんでしょう?」 みたいな感じ。

いかに考えて行動しているように思ってもらえるか、 それがバイザーとの良い関係を築くポイントだと思います。

◆忍耐力 これもバイト飲みの話。 なんだかんだで忍耐力が勝負だそうです。

ペース配分が重要。

デイリーノートなどは、自分でなんとなく頁数を決めて それ以上やらない、ということをしていた先輩がいました。

評価実習はまだまだ先ですが、 一気に準備することは難しいので コツコツやっていこうと思います。