軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【実習】実習前教育

見学実習前ということで、 火曜日から4日間、実習前教育がありました。

<火曜日> ◆実習後の発表について

◆老年期について ・介護老人保健施設の特徴 ・中間施設の意味 ・高齢者の特徴  疾患  プライド  喪失

<水曜日> ◆疾患およびリスク管理 ・CVA ・高血圧 ・糖尿病 ・心疾患 ・管 ・パーキンソン ・脊柱 ・RA ・骨折 ・変形性膝関節症 ・末梢神経損傷

◆デイリーノートの書き方 ・ポイント ・基本的なまとめ方  スケジュール  感想  明日の予定

<木曜日> ◆実技の自由練習 ・血圧測定 ・姿勢評価

◆コミュニケーションについて

<金曜日> 起居・移乗・移動動作の観察と分析

STEP0:病態の把握 STEP1:動作を大まかにみる STEP2:動作を細かくみる STEP3:機能障害を活動制限に関連付ける

◆臥位姿勢 ◆寝返り動作 ◆起き上がり動作 ◆立ち上がり動作 ◆移乗

【一連の流れメモ(片麻痺患者)】 ◆背臥位→座位 1)頚部:回旋・屈曲 2)側臥位へ 3)下肢をベッドの外へ 4)肩の回旋   上側が前方突出 5)on elbowを促す 6)それを肩からフォロー 7)座位になったら、非麻痺側・後ろに倒れないよう支える

◆座位→立位 車椅子を意識し、座位の角度に注意! 8)股関節の屈曲  セラピストの手は患者の肩甲骨、および肩を胸骨へ当てる 9)股関節の前進  セラピストの手は患者の骨盤へ当てる  患者の重心は非麻痺側へ。 10)股関節の伸展  既に当てている肩甲骨、胸骨の連携

被検者が健常者であれば(筋が動くのであれば) 手関節だけとか肩甲骨と胸骨だけとかで立ち上がりができる☆

◆立位→車椅子 11)患者の手を車椅子の肩掛けへ

12)骨盤を後退  肩で胸骨を支える

13)浅く座ってしまったら、片側へ体重を乗せる    浮いた方の大腿部の下にセラピストの手を入れ、後ろへ誘導

   今までの総復習という感じでなかなか良かったです♪