軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

動作分析

動作分析の授業を受けました。 …見学実習後(汗)

<大まかな流れ> 1.BOSを確認 2.アライメントを確認 3.筋緊張の確認

まず、背臥位での動作分析。

1.BOSを確認 両手を対象者の後ろへ回し、 接地面に沿ってなぞる。 指の入り具合で、どちらのBOSが広いかを判定。

2.アライメントを確認 主要ランドマークに目印を付け、左右差を比較。

3.筋緊張の確認 緊張を確認する。 例えば、上腕の回内、回外を行う。(前腕は固定) どちらが動きやすいかを判定する。

1~3より、なぜそうなっているか、仮説を立てる。

前腕の近位部で回外がしづらい → 回外筋が強い、または短縮しているのでは? という仮説。

<考察> ◆感触 よくわからない。 健常者相手ということもあるが。 ・姿勢? ・持ち方? ・基準の定め方? ・経験? わからないことだらけ(汗)

◆わからないことについて つい自分の中だけで考えようとしてしまう。 学生なので、もっと短絡的に先生へ聞いてしまってもいいと思った。

◆今後 授業の流れにのって、経験値を稼ぐ。

1)触る 2)触った情報から仮説を立てる 3)立てた仮説を先生へ確認する

このループで! 得られたフィードバックを大切にしていきたい。