軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【動作分析2】背臥位の分析

動作分析2日目です。 学生の発表を元に先生が指導してくれました。

1.現象から仮説を立て、静止状態で確認していく 推理小説のように。

例えば…、 【現象】剣状突起と肩峰の位置関係において、右側が短い           ↓ 【仮説】右肩が前方突出しているのでは?という仮説           ↓ 【確認】水平面で左右の肩峰を比較する

2.背臥位の評価なので、寝返りにつなげる

・左右差 ・差があるとすると、何が原因か ・固有感覚でBOS?

3.治療 最後に、 どう治療をすれば、改善されるか?

難しすぎる(汗 テニスをしている学生の分析時、 大胸筋の発達具合から、得意な振り方を言い当てたりしてました! すごい☆

<考察> ◆触り方 ・BOSを崩さないように ・患者さんの負担にならないように

◆考える材料 筋肉の起始・停止、作用 ランドマークとなる骨

◆仮説の立て方 いくつか基本パターンを覚えるのもアリかも。 「こういう現象では、これとあのパターンがありえるな」 みたいに経験的に考えられる日がきっとくるはず☆

数をこなすことですね。

8,9日とディズニーシーへ行ってたので、 今回は発表内容を考える機会を失ってしまいました。 (すでに気分は春休み♪) でも発表しなくても、考える場はいくらでもあるので、 推理ゲーム感覚で考えていきたいです。 ・バイト先 ・電車の中 ・デート中

精神や高次脳障害なども大枠は同じ要領かもしれないですね。