軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【動作分析3】寝返り

月木の特別補講である動作分析3回目。 大まかな流れだけ、その日のうちにまとめ。 内容はかなり荒めです。

・前回の復習で背臥位の説明 その流れで ・寝返り、側臥位、起き上がりのポイントの説明 ・寝返りの動作分析  テーマは  「寝返りの問題点が、起き上がりにどう問題を起こすか?」

2例ほど先生の説明を聞きましたが、 かなり難しい(汗

また、後日まとめる予定です☆

サッパリわかりませんでした(汗)

<考察> ◆勉強方法 ・教科書的な裏付けがもっと欲しい。  正しい(?)or多くの人が行いやすいパターン(?)  とにかく、自分の中に基準が欲しい。

 大きい本屋で、動作分析関連の本を探してみたいです。  (『基礎運動学』にも多少記述されている)

・例から、こういうパターンもあるんだなと認識していく。

・部位ごとの関連を洗い出していく

・なんだかんだで、配布資料をベースにした繰り返し → この先生の前の授業でもやっていましたが、   マインドマップ化します。   内容が高度すぎて今はよくわからないけど、   違う角度でまとめなおすことで、少しは理解度が増します。

◆キーワード(ちょっとだけ) ・頸部の回旋 ・骨盤へBOS ・屈曲要素、伸展要素 ・上肢と下肢の動き

雪だ~ 明日はバイトに行けるかな~(汗