軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

春休みスケジュール

動作分析の補講が終わり、やっと春休みモードです☆

春休みだけど、 ・瞬発力が衰えている ・学校がある期間はあまりプラスαの部分で動けない ということで計画的にコツコツやろうと思ってます。

1年で主に習ったのは、 「解剖学」と「生理学」。 去年の春休みは、それぞれの科目の国試の勉強会と 上肢を他のノートにまとめただけ。

2年で主に習ったのは、 主に「疾患」と「評価」です。

その2つは作業療法にとって、かなり重要です。 これらを踏まえてスケジュールを立てました☆

1.疾患まとめ ・整形外科学 ・内科学 ・神経内科学 ・高次脳機能障害

これらをA5バインダーへはさめる形にまとめようと思います。 またはもっと小さいバインダーへ。

前半は土台と目次を。 できれば、土台は先生へ見せてみる。

後半は中身をコツコツ積み重ね。 中身は3年の夏休みまでを目標に!

◆項目 ・疾患名 ・特徴 ・リスク管理 ・リハ注意点

・その特徴に伴う評価 ・治療のスペースも考慮に入れる

2.MMTまとめ(4Qテストの内容) 筋の復習を兼ねてます。 →3月後半

土台は前半にまとめておく。 (上肢は既にまとめてあるが、まとめ方を少し変える)

肢位ごとにまとめるという視点も重要かも。

3.その他の評価 フォーマットが決まっているものを軽く復習したい。 特に意義。 方法は検討中。

4.動作分析 わけわからないながらに、 もうちょっとつかみたい! 26日に自主練を行う予定。

5.作業分析 ・作業の段取り ・要素のピックアップ

ブログでちょっとできればOK!

6.国試勉強会 実習モードなので、 あまり人が集まらないかもしれないけど。

3年で評価実習の点数が足りないと、 過去5年分から抜粋した国試の問題を出されるらしい。 60%を取ることが合格条件。

これから解剖学、生理学はあまり触れなくなるので、 1年に1度くらいは復習しておきたい。

7.解剖、生理学のまとめ 臓器ごとにまとめたい →重要度、緊急度は高くない

<考察> ◆土台作り 主に疾患と評価の土台作りです。 1年の春休みよりは勉強時間を増やす方針ですが、 夏休みまで伸びてもいい、コツコツ積み重ねられる土台作りです。

まずは自分が何を習ったのかを見直す作業から。

◆時間と間隔 バイトがある日の早朝の勉強で、1日30分程度の目標。 あまり間をあけないことがポイントかもしれません。 正月は間をあけて、勉強する気がなくなりました。

あまり気負いすぎず、また、「全くやらない」状態は避けます。 (一応、一週間のバッファ期間を設けますが)

◆モチベーション維持 春休みに一緒に勉強しようというオファーがありました。 それぞれの勉強の成果を確認しあうことだけでも モチベーション維持の効果があると思います。

◆その他 OT関連以外の読みたい本がけっこうあるので、 うまく通勤時間を使いたいです。

その他、程よく遊びたいと思います☆

<Sponsered Link>