軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【動作分析7】自主練より背臥位および寝返り

今日は動作分析の自主練してきました☆

<自主練の流れ> 僕が被検者役で、背臥位の評価をしました。 その時の流れ。

1.BOSを一通り確認

2.筋緊張やアライメントを確認

とりあえず以上。 それなりに時間がかかります。

そこから導き出せるものは特になし。

<寝返り> 色んなパターンがあります。

【観点】 ◆伸展要素をどこで出すか 上になる方のかかとで出すか、 上になる方の手で出すか。 また、頸部を伸展させてる子もいました。

◆上肢と下肢のタイミング 下肢からいくか 上肢からいくか 上肢、下肢が同じタイミングで行くか。

◆頸部屈曲の有無 腹直筋の強さだそうですが、 今回はあまり屈曲をしないパターンが多かったです。

◆固有感覚BOSはどこにあるか 僕は右回りのとき、左肘にあるようです。 そこで伸展要素を出す感じ。

固有感覚BOSがあるからこそ、 早く切るパターンもあるようですが、 基本的にBOSが多い方の側が残ることが多いように感じます。

【寝返りのしやすさの要素】 ◆肩が前後しているかどうか これが寝返りの要素として大きいようです。 前方突出している方は寝返りしにくい。 外旋しにくいためです。

◆背臥位時のBOSがどうなっているかも因果関係がありそう ・頭部 ・肩 ・骨盤

また、BOSが広い側に固有感覚BOSがある傾向がある気がします 固有感覚BOSがあると、そこを床に押し付ける感じになります。

◆骨盤の前後 前方回旋している方が足を出しやすいようです。 足を組んだ時に上に来るのは、前方回旋している方である可能性が高いです。 それが寝返りのしやすい方向に結びつきます。

<考察> ◆顕在化している問題の有無 前にブログで書きましたが、 問題が顕在化しているかどうかは、評価をしていく上で重要な要素だと思います。 大きな問題がないのに改めて評価するのも、どこかおかしな話です。

背臥位で得られる情報がどこに結びつくのか。 健常者ではよくわかりません。

◆寝返り評価のために 結局、背臥位の評価は寝返り評価の元になるわけです。 なので、寝返りを見てから背臥位の評価をするのもアリだと思いました。

そのため別に杓子定規に、 すべての情報収集する必要はないのかなと思いました。

気になるところだけ調べればよいのです。

最後に、今回の参加者へアンケートを行ったら、 来週も動作分析をやりたいとのことでした。 土曜日にまたやります☆