軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【動作分析】座位&立ち上がり

春休みの重点課題のような気がする動作分析の自主練です。

<OTの先生> たまたま来て、アドバイスを残してくれました☆ ・工程分析の観点 ・今回、習ったのはPTのやり方 ・問題点の列挙はデータがそろってから ・応用動作は工程分析が大切

<座位> ・背臥位の評価を基本に ・頭部、体幹、骨盤のコントロール ・肩甲骨 ・バランス反応

<立ち上がり> 立ち上がりに必要な体幹の屈曲はどのくらい出るか。 そこの個人差が大きかったです。

それ以外はよくわからない(汗 立ち上がりの必要条件を満たしていない人を見たいです。 そして原因に対するアプローチを加えてみたい☆

ならば、健常者に制限を加えて、 どうなるのかを見るのも面白いかもしれないですね!

あと、工程分析の観点はやってみる価値アリです。 (今回は時間がなかった・汗)

<考察> ◆なんの練習? 問題点を見つけ出し、治療をする。 これはプロの技です。

なので、僕たちは ・触り方の練習 ・仮説の立て方の練習 ということを答えがわからない状態で実践しています。

よくわからないながらに決まりきった確認をしていると、 とりあえず 「この肢位では何を評価できるのか」 というのがなんとなくわかってきます。

「座位だと、肩甲骨の動きも見れるんだな」 とか。

前にちょっと書いたけど、 臨床では問題がある前提で、動作分析をするのだと思います。 日常動作における問題、 例えば「寝返りができない」という問題に対して アプローチすると思うのです。 トップダウン形式の評価ですね。

だから、そこから問題に対する仮説を立てて、 動作分析を行っていくと思います。

その時に、上肢の問題は? じゃ、下肢の問題はないの? とか、プログラムのバグつぶしをするように 問題点を確認していく作業になるんだと思います。

健常者相手だと 「○○ができない」がないので、 難しいのは当たり前ですね。

答えを出そうとしないで 一通りどう評価できるのを頭に入れるのも 意識するポイントなのかなぁと思いました。

◆抽象化思考 上記の考え方は、抽象化思考を意識してみました。 抽象化思考についてはなんとなくになっているので、 1冊、本を読んでみたいです。

◆部品 【現象1】骨盤の右側の挙上 【現象2】殿部のBOS:左右同じ   ↓  【仮説】右下肢が外旋しているのでは?   ↓ 【確認1】見た目      → 右下肢が外旋している 【確認2】大転子の位置を確認      → ん~、なんとなく右側が下かな??        触り方が難しいね(汗

触診技術が未熟です。 仮説の立て方は、授業で出てきた事例からの発想です。

こんな感じで、考えるための部品集めをしていけばいいのかなと思いました。 オーソドックスなパターン集め。

◆寝返り なんとなくわかったつもりのポイントです。 2個!

1)BOSから ・骨盤の前後 ・肩峰の前後 これらから、体幹のどちら側のBOSが多いかが なんとなくわかる。 (この確認方法でBOSを断定していいのかわからないけど、  そうなっている傾向が高い気がする)

BOSの情報から ・BOSが多い方を下にした方が寝返りをしやすい ・BOSが多い方を上にする時は、肘で伸展要素を作り出す (下肢の動きが先になる。下肢が遅れるのは肘で押すため。) という傾向があるかも!

2)腹直筋 頚部の屈曲が少ないことから、 腹筋群はそれなりに強いことがわかる。

2個目はあえて、書く必要はないか。

◆復習事項 ・脊柱の部位をランドマークを元に言えるように ・骨盤の正常位

これで今回の授業における動作分析の自主練は終わりです。 たぶん。

日常生活をどう練習の場として捉えるかで、 身に付き方が変わると思います。

<Sponsered Link>