軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

動作分析

動作分析の授業です。

◆復習 前回の復習

◆坐位→立位の動作分析 ポイント

◆CVA患者さんの坐位分析 筋がどういう状態で、結果として写真のような状態になっているか 模倣を通して理解

<考察> ◆筋の収縮方向を覚える(走行) 正確な起始・停止ではなく走行を覚えるのがポイントとのこと。 国試でもそうだったが、起始停止はとりあえずアバウトで良さそう。 (もちろんしっかり覚えるに越したことはないが)

一つの動きに対して、どの筋がどのように動いているかを意識できるように。 主動作筋の意識もポイントです。

◆授業では前の方に座る 質問しやすいです。 そして、逆に質問を受けやすいです(汗 それが程よい緊張感。

予期せぬ問い掛けに慣れる練習になります! 質問の意図が微妙にズレる現象。 「これでしょ?」 みたいな回答をした後に、全然違うことを聞かれていたと 後で気づくことが往々にしてあります。

これの修正って難しい。

◆円背おじいちゃん 徐々に円背  ↓ 徐々に膝屈曲

これは重心を保つために自然となるそう。 筋が引っ張られるのも多少あるらしいが。

◆先生と世間話 クラスのお姉さんを見て、見習おうと思いました。 授業関連の質問からの世間話。