軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

作業特論

課題を与えられ、調べてレポートを作成し、発表する授業。 実習においてバイザーに「調べてこい!」と言われた設定です。

実際に発表を聞いて、注意点をまとめてみました。 大きく二つ!

<課題作成の注意点> 1.わかりやすくする工夫 ・フォント ・図や表

2.バイザーの意図を汲み取る  (なんのために調べるのか?)

・メカニズムの理解 ・リスク管理を考える ・ADLへの影響を考える ・類似項目との違い ・一般的な評価や治療を理解する ・関連用語を調べる

<ダメなパターン> ◆教科書の丸写し テーマについてだけ書いてくるパターン。 そして、もうちょっと考えてくるように促されるのだと思います。 (今回の僕のレポートも当てはまってしまうかも・汗)

テーマについて、どこまで何を調べればよいのかが けっこうポイントです。 つまり構成ですね。 それは2のバイザーの意図を考えると良いと思います。

また、なんの資料にどのように書いてあるかを あらかじめ知っておくとスムーズにできます。 これは今のうちにレベルアップしておきたいです☆

<Sponsered Link>