軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

評価実習前までの勉強スケジュール

授業の課題で出されました。 基本的な内容は方針に凝縮されています。 勉強内容はついで。

1.方針  1.授業内容に沿った勉強を行う.   そのプラスαの勉強がポイント.  2.資料をまとめる過程を主な勉強方法とする.   一つのバインダーへファイリングする.  3.国試過去問を解くことで勉強の成果を確認する  

2.勉強内容  1.疾患   1)現状    2年で習った疾患について,知識にかなりムラがある.整形疾患が特に弱い.   2)勉強方法   「身体障害評価法特論」で扱う疾患をメインに行う.   ◆1Qの勉強内容   ・肩関節周囲炎   ・神経・筋疾患   ・骨・関節疾患   ・骨折   ・熱傷   ・RA   ◆まとめる内容   ・解剖学的な特徴や生理学的なメカニズムなど,自分の中で不足している基礎知識   ・一般的な治療,経過,評価など   他の授業で疾患について扱うようであれば,それにプラスしていく.   その他は2年の内容をまとめる.

 2.評価   1)現状    意義やどのような患者さんに使うのか理解が弱い.また,練習をほぼしていない状態なので,臨床で患者様に行った場合,うまくできない可能性が高い.   2)勉強方法    a.知識     ◆評価の流れ     → 「身体障害評価法特論」の授業     ・スクリーニング     ・評価計画立案     ・問題点抽出作業と目標設定     ・治療プログラム立案         ◆疾患ごとの一般的な評価プログラム     → 「身体障害作業療法実習」の授業        b.実技     主に2年の内容.夏休みに行う.疾患を想定してマネをしてもらいながら,健常者相手に練習を行う. トランスファーの練習も含む.

 3.動作分析   1)現状    二人の先生の方法が混ざっている.理解がまだまだ弱い.見学実習の経験から,動作分析はとても重要だと思うので,力を入れたい.   2)勉強方法    「評価実習特論」の内容を元に行う.    ・坐位    ・立ち上がり    ・立位    ・臥位姿勢    ・寝返り    ・起き上がり   など

 4.作業分析   1)現状    作業分析の視点がほぼない.そのため,障害によってADLにどのような問題が出るのかイメージが弱い.見学実習の経験から,作業分析の視点も重要だと思う.   2)勉強方法    日常生活で行う作業では,身体および精神のどういう機能が使われているのか.それを考えて,まとめてみる.授業は4Qなので自主的に行う必要がある.    a.分析対象を列挙    b.分析方法の確認    c.分析    5.基礎知識   1)国試過去問を解く    解剖学,生理学,運動学など.→1Q    疾患系 → 2Q,夏休み   2)授業で気付いた重要な箇所をパソコンでまとめていく    →ファイリング