軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

水瓶座O型

星座と血液型 http://web.archive.org/web/20051221044130/http://www.catv296.ne.jp/~butakusa-no-niwa/sk.htm

水瓶座O型 さわやか過ぎ。 風の星座の「知的活動」と、O型の「感情的活動」はしばしば対立しますが、この組み合わせでは割 とうまく共存しています。水瓶座は往々にして、浮世離れしがちですが、O型的は世俗性も持ち合わせ ていますので、水瓶座の中では最も世俗的かつ現実的(ぶたくさの精的には誉め言葉である)です。 情に理解があり、平等主義、博愛主義、クールで引きずらないタイプです。つまりはイイやつ、同性に好かれるタイプ、です。 さて、ここまで書くと良いことずくめのようですが、やはり問題点はでてきます。 どうも、水瓶座O型は、「知的」な面と「感情的」な面の、自己内部での衝突の回避に余計な エネルギーを費やしているような気がします。エネルギーを内部で消費している(ように感じられる) 分、能力や才能があまり表に出てきません。ある種の自負心の欠如と 言い換えても良いです。本気にならないタイプと言ってもい いかもしれません。 「同性に好かれるタイプ」と書きましたが、実はこれにはもう一つ意味があります。つまり社 交的な割に恋には不器用なのです。そこらへんも同性の共感を呼ぶのです。 男女を問わず友人が多いのですが、誰とも「友達」になっ てしまいます。なかなか「特別」な雰囲気を作れないので す。「口説こうとしても、あまりに空気がさわやかすぎて、タイミングを逸してしまったよ」こ れはきっとよくあることです。こんな時、水瓶座O型は相手を振った(もしくは振られた)ことを知りません。

どうでしょう??