軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

プールで鍛えられる筋肉&その他の効果

プールで鍛えられる筋肉&その他の効果。

ネットですごくまとまった回答が載っていました☆

水泳について体力と筋肉をつけるために毎日水泳に通っています。泳ぐ時間は1時間…. http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1318231183

~~~~~引用start~~~~~

蓄えたエネルギーを消費し、心肺機能を向上させて持久力をつけ、 新陳代謝を促進し体調を整えるためには とても良い内容だと思います。(=体力をつける、ということかと。) 年齢にもよりますが、心拍数120~150回/分くらいの状態を 長時間(20分以上)継続させることが効果的だからです。 無理がないスケジュールだし、使用する筋肉のバランスも良いと思います。 陸上系の運動に比べ、水泳は関節への負担が少なく、 また上半身と下半身をバランス良く使えるため、 体力をつけるにはとても良いです。

次に、筋肉の質を上げるためにも、良い効果があると思います。 筋肉を太くするのではなく、しなやかに引き締めるようなイメージですね。 軽度の負荷による反復・長時間の運動が効果的です。

最後に、筋肉を太くする効果ですが、 質問者さんの運動内容ではあまり太くはならないはずです。 短距離を高負荷(早く)泳いで少し休む、というスプリントメニューを 取り入れることが必要ですね。 でも、水泳で太くなる筋肉は”ボディービル的な理想像”とは ちょっと違っています。力こぶより、その裏側の筋肉が発達してしまったり。 太さを追い求めたいのでしたら、マシントレーニングを試してみるほうが 効果的かもしれません。

水泳は、全身のかなり多数の筋肉を、 長時間反復的に使い続けるスポーツです。 下半身や体幹の”重力に逆らうための筋肉”は使用率が低くなるため、 全身くまなくというわけにはいきませんが、 もっとも良い”全身運動”の一つであることは事実です。 その点、質問者さんが取り入れている”水中を歩く”というメニューは秀逸ですね。

体力や筋力を高めていくためには、徐々に負荷を強くしていく事も必要です。 1ヶ月や半年という長いスパンで、焦らずに、メニューを難しくしていきましょう。 ふと気がつくと、見違えるほど体力がついているはずですよ!

~~~~~引用end~~~~~

明日は久しぶりにプールへ行こうかなって思ってます! 上記の説明を読むと、やる気が出ますね♪

実習向けの体力作りと、貧弱な体をもう少し引き締めます(笑 (効果を得るにはある程度、定期的に行く必要がありますが・汗)

作業療法士は身体機能のリハビリもかなり重点的に行いますが、 学校ではまだまだ具体的な治療について教わってません。 こういう勉強も重要だと思います☆