軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

歩行の補講

夏期の特別補講です!

以下、メモ。

<実習までの勉強方法> ◆評価の意義 どんな時に?

技の練習よりも意義。

◆触診の練習 ・代償を観る  「本来、主動作で働く筋が動いているか」  「補助動筋が頑張りすぎていないか」  ということを確認する!

トランスファー 介護士とは視点が違う。

セラピストのトランスファーは 「トレーニング」であり、「治療」である。

◆運動学 例えば、長内転筋。 股関節伸展位だと内転に働き、 股関節屈曲位伸展に働く?(はっきり覚えてない)

基礎運動学の内容が基本。

標準整形にも載ってる。

イメージが大切。

そろそろ本格的な実習モードです!