軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【歩行分析】体幹進展歩行

歩行分析。 こんな利用者さんがいました。

【基本情報】 ・杖歩行 ・片麻痺 ・3動作後型

【歩行の特長】 体幹を伸展させることで、歩幅を確保している (だいたい一足分)

なんでこんな歩行をしているんでしょう? 原因を探ることで、次の(歩行の)ステップへとつながるはず!

体幹伸展による歩幅を確保しているということは… 1)ROMの制限因子がある?   (股関節の屈曲制限など) 2)そもそも下肢の伸展共同運動パターンが強く出ている? 3)下肢を前に出すための筋力が足りない? 4)痛みがある? というような仮説が出せます。

【それぞれの考えられる評価】 1)ROMの制限因子がある?   (股関節の屈曲制限など) ⇒ ROM-t

2)そもそも下肢の伸展共同運動パターンが強く出ている? ⇒ BRSor上田式12段階

3)下肢を前に出すための筋力が足りない? ⇒ MMT

4)痛みがある? ⇒ VASなど

【ADLでの問題推測(歩行だけの観点で!)】 ◆移動 ・移乗 → ギリOK?

・歩行(W/C操作) → 問題なさそう

・階段 → ダメですね

◆セルフケア ・食事 → 歩行には関係ない ・更衣 → 歩行には関係ない(下肢の伸展パターンに影響)

・整容 → 歩行には関係ない

・入浴 → 独歩は厳しい

・排泄 → ギリOK?

【歩幅確保に必要な下肢の運動方向】 ◆股関節 ・立脚側:伸展、外転 ・遊脚側:屈曲

◆膝関節 ・立脚側:伸展 ・遊脚側:屈曲(伸展でも問題ない?)

◆足関節 ・立脚側:底屈 ・遊脚側:背屈(底屈でも問題ない?)

【歩幅確保に必要な下肢の筋肉】 ◆股関節 ・立脚側:伸展(大殿筋、ハムストリングス)、外転(大腿膜張筋) ・遊脚側:屈曲(腸腰筋、大腿直筋、恥骨筋、大腿膜張筋)

◆膝関節 ・立脚側:伸展(大腿四頭筋、大腿膜張筋) ・遊脚側:屈曲(ハムストリングス

◆足関節 ・立脚側:底屈(長腓骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋、足底筋) ・遊脚側:背屈(前脛骨筋、長指伸筋、第三腓骨筋)

<考察> ◆体幹伸展している理由 おそらく、下肢の伸展共同運動パターンによる股関節屈曲制限があるため、 それを補う形で体幹の伸展をしているのだと思います。

◆ROM 下肢の運動方向において、どの程度の関節可動域が求められるんでしょうね? ADLの各動作とともに今後の課題です。

◆筋力 大腿四頭筋ハムストリングスはわかりましたが、 大腿膜張筋は大活躍ですね。

「歩幅確保に必要な下肢の筋肉」というキーワードで すぐに今回調べたことが思いつくレベルにしたいです。

評価実習はそこから始まるんだと思います。

◆BRS 全然、理解してません(汗

随意性? 共同運動パターン? これらでスクリーニングはできる感じですが、よくわかりません。

バイト先の利用者さんにご協力頂き、BRSのテストを一通りやれたらいいなと思います。

ブログによる歩行分析は、 評価実習までにあと5回くらいはやりたいです。