軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

国際福祉機器展2 ポジショニングの講演

PTの下元佳子先生による講演です。 http://spysee.jp/%E4%B8%8B%E5%85%83%E4%BD%B3%E5%AD%90/1682580/

1.ダメなパターン ◆起き上がり ・仙骨を中心に回転→褥創

◆立ち上がり ・力任せ → いやな刺激 → 身体が悪くなる

2.講演の目的 ◆快適な眠りを提供 ・リラックスが必要 → そのためには、体圧分散 → そのためには、安定が重要!! (マットがやわらかすぎると不安定になる)

ということで「安定」がキーワードです。

3.ポジショニング ◆クッションはどうする? ・曲がっている足にクッションを入れる? → ただスキマを埋めればいいわけではない。  (通気性や循環が悪くなる)

◆ケアのプランニングで変わる

◆維持期の場合、2次障害をなくす

4.2次障害を起こさないためのケア ◆背臥位でヒザが曲がるということは? → 殿部やかかとへ圧UP

◆背臥位で圧がかかっていないところは? → 関節  (ここに単純にクッションをすると、循環系が×)

5.背臥位でのクッションのあて方 ◆下肢 ・大腿部の付け根に圧がかかっている ⇒ 大腿部の付け根にクッションをあてる    これが大原則!

・やり方の例 ステッチのあるクッションで足に巻きつけるようにする

・例は例。 人によって違うので、自分で観察して考える力が必要!!

◆上肢 ・指の拘縮はなぜ起こる? → 上肢の付け根が不安定 → 末端が緊張する! → 指の拘縮

ということで、 ⇒ブーメラン型のクッションをワキに入れる。

◆まとめ 1)どこで固定すれば、いいか考えクッションをあてる ・圧がかかるところの根元へ ・広い面積に 2)クッションへ体重を移す →慣らす(クッションを身体へ押し込む。) 3)圧抜き ・体重がかかっているところの下へ手を入れる(圧抜き+循環)  ビニールの手袋で行う

6.背臥位でのクッションのあて方 ◆安定のため足はずらす → 上側の大転子が下がる → 皮膚が引っ張られる ⇒ 足の付け根にクッション

※上肢も同様。

7.円背の人へのクッションのあて方 ◆頭だけではダメ → 胸部までクッションをあてるように。

◆腕 内側に向いてしまうと、円背を促してしまう → ならす時は肩関節が外側へ向かうように

8.円背の人へのクッションのあて方 ◆かかとのクッション × アキレス腱のところにクッション ○ 足の裏の根元へ

9.仙骨へのクッションのあて方 × 円座   周辺の圧UP→ 循環Down ○ 肉の代わりになるように、両脇から根元へ押し込む

10.トランスファー ◆ダメパターン × 仙骨を中心に回して起き上がり × 上へ持ち上げるように立ち上がり × 荷物のように扱う

⇒ 人の動きに合わせた動きを意識!!

11.移乗 1)座位の状態から、頭を前方へ出し   行きたい方向の反対側の足へ体重をかける  → 行きたい方向のおしりが浮く

2)介助者の動き ・上から ・下から ・もぐって なんでもアリ。

介助者の動きが変わるだけ。 対象者は同じ動き。

また、対象者の「行きたい方向の反対側の足」の下へ 介助者の足を入れる。 そうすることでテコの原理で楽に移乗ができる。 (動きはちょっと複雑に見える)

12.ベッド上での身体の寄せ方 端から中央に寄せたり、手前に寄せたりという寄せ方。

◆持つところ × 関節 ○ 体重のかかっているところ

◆3段階で寄せる 1)肩・首(うまく介助者の腕に利用者の頭を乗せる!) 2)腰 3)下肢

※寄せたら必ず微調整をしてあげる! ※並行にスライドするのではなく、回転の動きを意識!

13.スライドシート うまく使うと、ベッド上での身体の寄せ方がだいぶ楽になる!!

・2重にして使用 ・本人には摩擦が加わらない ・悪い刺激が加わらない ・取るとき、下側だけを取る

<考察> ◆講演のやり方が素晴らしかったです♪ ・適度な問いかけ ・これから何をするかの説明 ・声の大きさ ・言葉の間隔 ・お客さんの理解に対する配慮

◆セラピストとして介助者への提案 ご家族の負担というのは、在宅退院時にかなり大きいものです。 また、大きな心配事項の一つです。 その時に心配を和らげるような、具体的な方法論を提案できると プロっぽいですよね☆ 下元先生くらいできたらいいなと思います。