軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

臨床実習発表会

12月の評価実習発表会に続き、 4年生の臨床実習発表会(9月)のメモです。 (だいぶ前の話ですが…)

評価実習発表会 http://plaza.rakuten.co.jp/ot2013/diary/201012230000/

1.在宅 ◆問題  キッカケとなったエピソード → 評価  この流れが解離しないように!

◆評価結果  一つだけでなく、他と比較

2.脳幹梗塞(右椎骨動脈狭窄) ◆合併症の影響  糖尿病  感覚障害 ×

◆ホープの一歩先の支援  一人暮らし → 友人の支援  これらを具体的にどう支援する?

◆APDLに車椅子  例)調理の何を捉える?

◆社会制度  介護保険は住所をコロコロ変えられない

3.アテローム ◆治療プログラム  ・どこへのアプローチ?明確に。  ・短期目標への整合性  ・アクティビティの理由  ・環境設定(車椅子など)  ・プッシャー → 活動性で変わる?  ・機能が活動にどの程度、使えているかどうか

4.認知 ◆デイケア  自宅での生活は?

◆身体面  ・リスク管理(転倒など)  ・ADLに支障をきたす障害は評価すべき(例 視野)

◆認知  ・進行を遅らせるアプローチ  → まず「自信」を取り戻す

◆目標設定  あいまい → 何ができたら達成?

◆初期評価まとめ  ・何が問題? → 目標への流れ   ということを書く  ・どれがその人の情報かを明確に  ・介入のエッセンス

◆社会制度  ・通所リハを選択している理由

◆リハ施設  何人くらい?  どういう立ち位置?  → これによって、自信の表出の仕方が変わる

5.90歳女性 ◆全体像がイメージできる資料作り  ・生活  ・本人の気持ち  ・できあがっているペースにOTSが入って、引き出す  → ホープなど、楽しみの理由、その人らしさ  ※機能面以外の要素も大事!

6.認知 ◆自信喪失の根拠  ・快の時はある?  ・継続の記憶がない  → すぐに結果が出た方が自信につながりやすい

◆在宅での居場所作り  → 役割?    今、何が不足している?    何があれば居場所を作れる?

◆治療  ・段階付けはOK!  ・ヒトの好き嫌いの傾向を押さえる  ・集団での行動が苦手   → 個別のレクにする?

7.排泄の自立 ◆住宅改修できる?→段差

◆環境  ・片麻痺患者で、左右逆のマヒ用だとやりづらい  ・どういう環境であれば、遂行できる? ← 大事!

◆基本的な情報  ・正確な情報  ・疾患、脳出血はどこ?→詳しく調べる  ・トイレが怖い→なんで?理由を調べる

◆観る必要があるけど、時間的に足りない  ・観れるのは学生のうちだけ  ・結果として、患者が損をする

視床出血  → 感覚障害? → 深部感覚は?  排泄動作において、とても重要な感覚。

8.右麻痺患者 ◆麻痺側へのアプローチ  ・麻痺側を補助手にする?    or  ・非麻痺側だけで自立?

◆リハ意欲  ・急性期:発生直後でショック状態↓

<考察> これらを僕が行く整形外科病院および認知病棟へ どのように応用できるかを考えます。

1.整形外科への応用  固有のモノはなし

2.認知病棟への応用

【治療】  ・段階付け  ・ヒトの好き嫌いの傾向を押さえる  ・集団での行動が苦手   → 個別のレクにする?

 ◆自信喪失対策  ・快の時はある?  ・継続の記憶がない   → すぐに結果が出た方が自信につながりやすい  ・リハ施設   何人くらい?   どういう立ち位置?   → これによって、自信の表出の仕方が変わる

【目標設定】  何ができたら達成?

【身体面】  ・リスク管理(転倒など)  ・ADLに支障をきたす障害は評価すべき(例 視野)

3.全般的に応用できるポイント

【全体像がイメージできる資料作り】  ・生活  ・本人の気持ち  ・できあがっているペースにOTSが入って、引き出す  → ホープなど、楽しみの理由、その人らしさ  ※機能面以外の要素も大事!  ◆住宅改修できる?→段差  ◆合併症の影響   糖尿病   感覚障害 ×

【初期評価まとめ】  ・何が問題? → 目標への流れ   ということを書く  ・どれがその人の情報かを明確に  ・介入のエッセンス  ◆問題   キッカケとなったエピソード → 評価   この流れが解離しないように!

【社会制度】  その施設を使用している理由

以上、実習明けで疲れている状態で作成するのは大変そうですね(^_^;)