軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【作業分析3】車イスをこぐ動作

【作業工程】 1)車イス・タイヤの上部をつかむ 2)タイヤの上部を前へ押し出す

1)車イスのタイヤの上部をつかむ ◆上肢の運動 肩関節軽度外転しながら、肩関節の伸展と肘の屈曲が主な運動。 体幹は伸展(座位なので-90度くらいまで?)すると動作しやすい。

◆必要な関節可動域 ・肩関節伸展:50度くらいまで出るとスムーズ。0~10度くらいでも体幹伸展による代償運動などで可能? ・肘関節屈曲:まず肩関節の伸展あっての肘屈曲みたいなところがある。ただし、体幹伸展による代償運動で、肩関節伸展なしでも動作可能?

◆必要な筋力 MMT3レベル

2)タイヤの上部を前へ押し出す 肩関節の屈曲と肘の伸展が主な運動。 体幹の屈曲も伴うと、動作が行いやすい。

◆必要な関節可動域 ・肩関節屈曲:体幹屈曲の代償運動がある場合でも、90度は必要なさそう。30度くらいでも運動可能? ・肘関節伸展:0度で十分?伸展制限があると、厳しいかも。

◆必要な筋力 MMT4以上

1)2)の時の体幹 ◆屈曲の度合い 1)2)を通して、やや屈曲(約120度)していた方が運動しやすい。 (僕の場合) これは車いすのサイズに影響されると考えられる。

◆安定性 モビリティー&スタビリティーなので、安定がポイント。 両上肢が均等に運動できればいいが、そうでない片マヒの場合、難しい?

<まとめ> 従って、車イスをこぐ動作において 上肢機能:肩関節の屈曲・伸展と外転、肘の屈曲・伸展、 体幹体幹の伸展・屈曲、 という要素が重要であると考えられる。

もしそれらができないのであれば、 関節可動域や筋力、その他(疼痛とか?)の原因を探ったり 環境設定(シーティングなど?)したりする形になると考えられる。

また、片麻痺の場合は別途、考える必要がある。 (下肢による操作など)

◆関連項目 ・シーティング そのうち、まとめます。

作業分析… こうして自分なりの言葉で文章化することで、動作分析につながり、各評価にたどり着くのだと思います。