軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

作業分析の効果

コップで飲み物を飲む動作は可能だが、 最後まで飲み干すことが困難な人の分析をしてみました。

ブログにどこまで載せていいのかわからないので、 ここには載せませんが…

作業分析をすると、具体的な問題が見えやすくなりました。 ちょっとした観察(動作分析)でも、評価項目がしやすくなるのかも。

前回のブログで 「頚部、および体幹の伸展は代償動作」と書いてしまいましたが、 正常動作でもやりますね。 むしろ、最後まで飲み干すためには必要な動作だと思います。