軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

国試当日の動き方

模試から学ぶことは主に時間配分だそうです。 もちろん点数や苦手科目の発見も重要ですが…

模試は残り3回。 今までの模試を振り返りながら、 国試当日をイメージしておき、 残りの模試に望みたいと思います。 (学校で行った某予備校のガイダンス内容も参考にしています)

<当日の動き> ◆起床(5時起きになる可能性) 全身のストレッチ 持ち物の確認!(特に受験票) 軽い朝食(最寄り駅で済ませる?)

◆家(またはホテル)から現場まで 実家から行くなら、電車を考慮して早めに近くまで行って 最寄り駅そばの喫茶店かなんかで時間潰し? 昼の弁当を購入(眠くならない量!) ※事前に会場へは下見をしておく!

◆会場へin(8:00~8:30に建物内へ入っておく) 自分の教室を確認(当日にならないとわからないらしい) 自販機の場所を確認(昼休みに温かいコーヒーを買うため) トイレの確認 ブドウ糖の摂取 筆記用具類の再確認!(何か忘れ物があれば、友達に相談!)

◆テスト開始まで(9:10着席) 肩のストレッチ、目のツボ押し、指回し体操、視覚を遮断して呼吸法。 下肢のストレッチもできるようならしておく☆

◆午前試験(9:50~12:30) 51~100問 21~50問 1~20問 上記のところでひと区切りし、休憩を入れる。 見直しはX2問題や正しいものor誤りなどの付け間違いのみ? → 改めて考えて修正すると、得点率が下がる統計がある(思考力が落ちているため)   午後の集中力維持のためにも、温存した方がいいかも。

休憩は肩のストレッチ、目のツボ押し、指回し体操、視覚を遮断して呼吸法。 約10分。

12/22の模試では約18分余った。 マークミス1箇所、直し2箇所。

◆昼休み(12:30~14:20 着席は早め??) 早めに昼食を済ませ、コーヒーを飲む 友達との話もそこそこに、20~30分寝る 余裕があれば少し歩く(下肢の筋を動かす) 少量のブドウ糖摂取

◆午後試験(14:20~17:00) 午前と同様。 疲れを感じたら、問題数に関係なくすぐに休憩。 集中力維持が重要!

12/22の模試では集中力が続かず、休憩を前倒しして行った。 時間は約15分余った。 マークミス3箇所、直し1箇所。

12/22は強引なスケジュールでグダグダに疲れてましたが、 国試も緊張などで同じようなコンディションかもしれません。

<服装> 試験会場は熱くなることが予想されるので、半そでになれるような格好。 (ももひきは履いていく?)

<持ち物> ◆絶対に必要なもの(調べなおす!) 受験票 シャープペンでなくえんぴつ?×2~3本 えんぴつ削り 消しゴム×2個

◆お守り ルーズリーフバインダー QBは持って行く?

<前日の過ごし方> 7時間半の睡眠が理想です! 5時起きであれば、20時くらいにはベッドインできるようにしておきたい。

前日の夜は気持ちが高まって眠れないことが予想されます。 それはまずい。 そのため、よく眠れるように軽く運動しとくといいのかなと思います。

ただし、Hな行為は禁止(笑) それを促進する飲酒やにんにく料理も。

前々日の夜に早く寝る、 または前日の朝は意識的に早く起きることもいいかもしれません。 (今日は3:30起きしてしまいましたw)

<確認事項> ・ホテルはとる? →1月中旬に会場が決まるので、その後に考える

こんな感じ。 上記のことは模試の度に見直していきたいです。

来週、1月末までの過ごし方、2月の過ごし方も改めて考えます!