軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

あいまい知識33項目

早朝覚醒で、4時起床の5時勉強開始。 昨日、書いたことを実践してみました。

<ポイント> ◆書く内容 残り時間が短いので、 慣れ親しんだものがいいと思います。 メインは授業ノートです。

新しい知識はもう諦めてもいい時期だと思います。 今あるものを確実にする作業。

キレイにまとめることが目的ではないので、 以前に書いたあいまい知識も重複してOK!

◆達成感 改めて、1番から番号付けをして あいまい知識をルーズリーフに書いています。

国試前に、「7日間でこんだけ覚えたんだ~!」と思うためです(^-^ )

QBもリストを作って、 その日にどれをやったかを記入してました。 今までどれくらいやったかが一目でわかります。

こういう達成感の積み重ねが「なんとなくの自信」になるんだと思います。

さらに、ブログでまとめることで 少なからずフィードバックが得られるし そこでまた達成感が得られるんでしょうね。

リハビリでも応用できそうです。 患者さんのモチベ管理もOTの仕事だと思うので。

◆繰り返し ルーズリーフに書いた内容を 確認作業で、いらないノートに何も見ないで書きます。

これで2回、繰り返し数が稼げます。

ターゲットはあいまい知識なので、 この2回でだいたい覚えちゃいます。

なので、ちょっと量を多くしても大丈夫☆

さらに! 1項目が終わったら、すぐ休憩しちゃいますが、 目をつぶってイメトレできます。 そういえば、1年の解剖学のテストでやってました。 これで3回!

◆休憩 こまめに入れるのがいいです。 海馬(短期記憶)→側頭連合野(長期記憶) の処理が5~6分くらいかかるとか。 電車の中での単語カードはいいらしいですね。 (マンガ『ドラゴン桜』より)

暗記物は基本的にスキマ産業だと思います。 過去問の合間、日常生活の合間のちょっとした時間に やれればいいと思います。

今日は8個やったので、 33個まで残り25個!