軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

国試を終えて…

90%くらい計画どおりに動けました♪ 睡眠という制御が難しい課題に対しては かなり良かった結果だと思います♪

少し怪しい「回答速報」では、 まあまあ狙い通りの点数が取れているけど、 10~20問くらいは誤りがある可能性があるので、 まだまだ油断できない状況です(>_<)

というわけで、まだ不安もあり、 国試前は7時間半寝れたけど、 国試後は寝つき悪いし、早朝覚醒だしで睡眠障害です(^_^;)

<反省点> ◆重い夕食 誰かが「試験前はカツ丼でしょ!」みたいな話をしていたので、 前日の夕食はセット物の鳥カツを頼んでしまいました。 しかも「大盛り無料」に釣られて、迷わず大盛りを頼む始末(笑) 予想以上にボリュームがあり、胃がもたれました(>_<)

流されてしまう自分が悪いんです。 世の中、柔軟性は必要だけど、 ここぞって時はしっかり自分のやり方を貫くことも重要です。

◆イライラ感 深夜にメールをしてくる人に対して、 想定してスマフォの電源を落としてましたが、 やっぱりメールしてくる人はいます(>_<) 国試だって言ってたのに…

「睡眠を妨害されてたかもしれない」 と考えると、朝からイライラしてしまいました。 まだまだ、人間が浅いんでしょうね~。

<良かった点> ◆睡眠対策 やっぱり試験は集中力! そのための睡眠が7時間半しっかり取れたのは褒めポイントです!

◆直前の体調管理と立て直し 国試ちょい前で慣れない勉強法をしてしまい がっつり体調を崩しそうになりました。 内心、けっこう焦りがあったけど、 直前の勉強を捨てることで、なんとか軌道修正できました。 ここは、焦りに勝てたと思います。

3日間くらいは短期記憶の詰め込みボーナスがあるので、 ちょっともったいなかったですけどね…

◆試験会場の雰囲気 試験監督さんに相談すると、 「ストレッチOK」の了承がすんなり得られました♪ 「そんなの当たり前でしょ?」みたいなリアクションだったので、 だいぶ心が楽になりました♪

トイレへの着席もしやすい空気だったのも良かった点です♪

今日、学校で昼から自己採点ですが、緊張します(^_^;)