軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

福祉機器展(IT系の活用、姿勢制御)

国際福祉機器展のメモです。(見づらいです) IT系の活用と姿勢制御の講演について。

タブレットPCの中では、iOSが一番障害者向け機能が充実しているそうです。 8インチの持ち運び特化型タブレットが欲しかったので、 初めてのリンゴマークデビューしようかなと思いました(^-^ )

スイッチについて、実際に設定したことはないので、 金銭的、時間的余裕がある時に試してみたいです。

以下がメモ。

<あるテク3 Windowsパソコンのアクセシビリティと応用> ◆固定キー機能 一本指で、同時押しができる

◆コンパネ>コンピューター簡単操作 ・キーボードを使いやすくします

◆フィルターキー設定 キーボードを長押ししないと受け付けない (失調用)

◆マウス タッチパット 速度など調整可能(筋ジストロフィー

◆スクリーンキーボード(ポインタは使える方用) ・キーをポイントする 自動選択機能 ・スイッチを使って、キーを選択 → 体の一部を使えれば、パソコンを使える

◆ショートカットキー Windowsキー+U

◆その他ハード ・ヘッドコントロールマウス 額に反射板

音声認識機能

◆見えにくさ ・拡大鏡

・色反転 白内障

・画面の文字を大きく

・ポインタ Ctrlキーを押すとポインタの位置をお知らせ

◆他にも マイクロソフト  http://www.microsoft.com/ja-jp/enable/products/windows7/default.aspx

ATACカンファレンス http://www.e-at.org/atac/

<あるテク2 スマフォやタブレットアクセシビリティ ~肢体不自由の人が使いこなす> ◆あるテク 新しく買う必要なく、できるテク

◆設定 視覚サポート 聴覚 メディア 学習 操作 (他のOSより、iOSが抜きん出ている)

◆機能 voice over

◆日常の困難 例)メモを取る →録音機能

~ここから本題~

◆アシスティブtouch (操作機能) 複数の指が必要な操作を一本で行えるよう設定 物理的なボタンも対応

新たなジェスチャーも登録可

◆スイッチコントロール ・種類 まばたき 呼気

・商品 テクノツール できiPad

・設定 キーボードの一種として、認識

・スキャン機能 上から下へ流す機能(スピード調整可能)

文字入力 ページ捲り Webページ閲覧 が可能

・ポイントモード←→項目モード レーダーのようなもので選択(UFOキャッチャーのようなもの)

◆学習サポート 発達障害の方用 時間、アプリ、ボタンの使用制限可能

不随意運動の方にも有効!

・アクセスガイド

◆ショートカット(操作機能) 各機能をすぐに呼び出せる機能

◆音声入力

◆一般機能 カメラ アルバム 辞書 インターネットなど

◆リンク アップル アクセシビリティ http://www.apple.com/jp/accessibility/

魔法のプロジェクト→アプリ情報も http://maho-prj.org/

Android トークバック 字幕 拡大操作 押し続ける時間

<あるテク1 スマホタブレット視覚障害の福祉機器に変えるアプリ> ◆視覚代用 弱視 アクシビリティー 色が反転 →見やすくなる ショートカット

iよむべえ アプリ 読み上げ機能 写真OCR→読み上げ機能

電子書籍 改行が大変→一行あたりの文字数を少なく 眼振→横読みへ

情報がその人に合わせてくれる時代 しかも無料とか安いアプリで 1つのアイデア

◆カメラ 背面カメラ 拡大 身近な人の笑顔 駅の電光掲示板

記憶をうまく結びつけてく

iPad おしゃれ → 視覚障害者が一目を気にせず使える

・手前も撮れる 化粧

◆前半まとめ 情報のデジタル化 既に機能として入っている! →みんな知らない →つなぐ人が必要

◆注意  押し付けない その人がやりたいことを確認

◆食事 食べ物が見えないと味がしない →拡大表示

記憶を食べている

全盲 可視化 模擬的に まず記憶を作る

・コンパスアプリ ・明暗感知アプリ ・マネーカウントアプリ

FaceTime(テレビ電話) 最も大切なのは、人。 ヒマでお金持ちの友達を作る(笑)

人を助けやすくなるアプリが今後流行ってくる

色覚異常 ・アプリ 色のシミュレ ColorSay

障害がある人も、自分が何ができないかを言えるようになるのが、健常者への配慮

◆眼科医(発表者) たく みやけ→Facebook 伸ばせるところは伸ばしたい 障害は環境で変わる テクノロジーと障害者をつなぐ仕事 情報障害()→その障害軽減のアイデア

・Word Lends 言語障害

<姿勢管理>

◆理由 ・次の動きにつなげる ・座位でも臥位でも

◆どこで体重を支えて、どこで動きを出すか 褥瘡を作りたくない→やわらかいマットレス→沈む→…

◆日本人は痩せ形が多い 骨盤の影響を受けやすい

◆重さの流れを変える 頭 胸郭 足 足部

◆支える力 筋力とは違う

廃用症候群

◆体の安定がまず必要

~看護師から見たポジショニング デンマークのティナさん~ ◆重力による変形 可動域制限→姿勢が影響を受ける

内から外からの影響を受けやすい 関節の動きをコントロールすることが必要

◆二次的障害 褥瘡 栄養 呼吸器 痛み

◆ポジショニングの目的 今ある機能を維持 合併症のリスクを下げる

◆ポジショニングの最終ゴール ・アライメント 体の部位を支持面とそれ

・機能的なポジショニング

◆ポジショニングが必要なケース

◆原理 骨盤が要 安定させるものとして重力 湾曲とかいせんの方向を特定する

ポジショニングよりも機能のほうが大事!

◆作り方 まず骨盤を安定させる 体全体のポジショニングを作り、可能な場所を正す 日制限 支持面をふやす 身体に対して支持

次にとる姿勢はどうする?

姿勢管理は24時間続いていると考える

どういう活動をしているかも重要 ユーザーを中心に

まとめ 様々な動きには前後の繋がりがある いずれの活動にも元となるがい姿勢 自分一人だけで何とかなるものではない