軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

神経症圏 防衛機制の度合い

自分の心を守る仕組みが防衛機制ですが、 過剰に防衛しすぎてしまうのが、神経症圏の人達なのかもしれません。

合理化、正当化、取り入れ、反動形成など 色んな防衛規制が働きすぎて、 もはや「認知の歪み」。

劣等感が強い人ほど、その傾向が強いと思います。 神経症と診断されない健常者でも、そういう人がいますね。 職場の困った人。

「自分は自分のままでいいんだ」 という自己肯定感が弱いとも言えます。 発達段階の見直しが必要なのかもしれません。

基本的に、否定的な言動が大嫌い。 下手に否定的な要素を含む言動をしようものなら、 ものすごい勢いでカウンターをくらいます。

そのため、肯定的にやんわり促すしかないのだと思います。 だから、治療には時間がかかる。 「もはや治療は困難」とDrも言うレベル。

最近、そんなことを考えました(^-^ )